実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金のビジネスモデル

□企業育成資金のビジネスモデル

企業育成資金についての話で、やはり、企業育成資金は、PPPによる運用があるので存在しているといえます。

PPPについては、本ブログでは非常に詳しく説明しています。MSA総研としては、企業育成資金の申請をサポートを行っています。同時に、PPPにエントリーしたい人に対するコンサルティングを行っています。

究極の錬金術は、たとえ、今はあなたはお金持ちでないとしても、企業育成資金の仲介者として、東証一部の100億円以上、銀行の代表権のある方を企業育成資金にご案内をして、そこから得るコミッションで、その現金預金をつかってPPPにエントリーして、資金を増やすことができれば、人生は一転することができます。

すなわち、収益モデルといては、仲介者としての企業育成資金の活動するだけで終わらないということが言えます。MSA総研では、その後に続くPPP申請による収益モデルの提案ができるということになります。

そうすることで、資金は永遠に増え続けるというモデルを作ることができます。そうすることで、日本に大きく社会貢献ができると言えます。

究極ですよね。あなたも人生一発逆転の機会があると言えます。それを提案できるのは、このブログのネタですよね!

誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所