実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

PPPについての最新情報について(世界版の企業育成資金)

□PPPについての最新情報について(世界版の企業育成資金)


通常PPPは、1億ドル以上の資金がある企業が対象にPPPが参加できるようになっています。
※2022年の法改正で、アクティブに経営している法人経営者のみにPPPの参加できる条件を決めたということです。よって、高齢者の高額預金者などは、PPPに参加できなくなっています。これは、マネーロンダリング防止の観点から、実際にアクティブに資金を活用できる経営者のみに資金提供をするようになったということです。

通常1億ドル以上からですが、実際にトレーダーデスクに最低いくらからなら相談できるかヒヤリングした結果

※TearSheetにおけるPPPに申請する場合以下の条件です。
Swift MT799を使わない場合

1,法人口座であること(休眠中でなく実際に経営中の法人のみ)
2,世界ランキング100位以内の銀行の口座であること
3,ICCの加盟国であること
4,G7国は優遇(日本の企業は優遇国です)
5,USD20M以上から相談可能 (2000万ドル以上)ユーロの場合は、2000万ユーロ以上から  法人口座内の預金高(外貨預金 ドルかユーロ)

申請に必要な書類
所定の様式のKYC
資金証明POF
バンクステートメント(資金の流動証明)
パスポート
会社謄本(日本語と英訳を添付)
宣誓供述書(公証人役場)⇒資金がクリーンマネーで、納税済み、資金得た経緯についての説明したもの
KYCのサイン証明(認証)

すべて英文での申請書類を作成する必要があります。
30ページ以上になります。

※この件について関心がある人は、PPPについての無料相談実施中⇒MSA総合研究所へ

これは、世界的に行われている企業経営者をサポートする資金調達の手段だと思ってください。
世界版の企業育成資金です。

***************
日本場合は

東証一部の資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業経営者(代表権者)に対して資金提供しています。

 

誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より