実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金は、条件を満たしている経営者に対しては常に募集しています。

□企業育成資金は、条件を満たしている経営者に対しては常に募集しています。

企業育成資金についての説明を本ブロブでは行っています。

企業育成資金は、これは、政府保証を付けて民間プロジェクト資金として調達した資金を、日本の基幹産業の企業経営者に返還不要の資金として提供するものです。

政府保証を付けて調達する資金ですから、小さい金額ではありません。確かに、この資金の基本となるのは昔の償還制度と同じしくみで行われています。今から30年以上前に行われていた償還制度というのは、これは、ゴールドとポンド債とのスワップで行われていた運用でしたので、日本の金塊の話がネタになりましたが、現在は、ポンド債とゴールドのスワップによる外債運用の仕組みを行っていませんので、運用方法については、PPPによる運用になっています。

いずれにしろ、この仕組みは、日本の代表する企業経営者に対して、政府保証をつけて資金調達した資金を、返還不要で、免税、免責、免訴の条件を最高裁で決定の上で提供される資金であることになります。


日本を代表する基幹産業企業の代表者という基準が

1,東証一部の資本金100億円以上
2,銀行

1.2,企業に所属する代表権のある社員(日本国籍)に提供される資金を本資金といいます。

これは、常に募集されている政府保証を付けて行う民間プロジェクト資金になります。

余剰資金本部が行っている制度は、これは臨時的に行っている案件になりますが。
これも同じく政府保証の民間プロジェクト資金ということになります。

その条件が

3,信用金庫の預金高3000億円以上

代表理事ということに決まっています。

政府保証を付けた民間プロジェクト資金になりますが、政府の省庁が直接行っている案件ではありません。これは、外部民間組織である資金本部と呼ばれる事務局によって、本案件は行われています。

本案件については、PPPにも関係する運用を用いた資金調達をおこなっているために、私募による募集形態をおこなっていますので、民間人を経由して申請をするようになっています。これは、PPPに関係する資金運用に関しては、政府組織が行えないという規定があります。

そのような理由から企業育成資金は、民間経由で行われています。

いずれにしろ、常に、企業幾瀬金は、資金本部側が決めた対象企業の経営者に対しては、資金提供する準備があります。

企業育成資金についての無料相談行っています。

誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より