実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

本ブログの読者は、企業育成資金についてのすべてのことを知っている。あなたは、このブログに到着したことは、すべての企業育成資金の問題を解決する答えを知ったのと同じことです。

□本ブログの読者は、企業育成資金についてのすべてのことを知っている。あなたは、このブログに到着したことは、すべての企業育成資金の問題を解決する答えを知ったのと同じことです。

蔓延防止措置も終了しましたので、これから企業育成資金の案内に活動する時期になりました。資金本部としては、直接的な営業はしませんが、世界情勢がこのような状況になっていることもあり、資金を積極的に放出しようという方針になっています。

ただ、この事実を本ブログの読者が対象者に伝えない限り、情報が広がりません。

よって、積極的に、対象企業の経営者に話をしてくさい。

日本の経済的安全保障を考える上で、この企業育成資金は非常に重要な資金となります。1兆円を超える資金提供を可能にするのは、この企業育成資金以外存在しません。

日本では、昭和の時代は約370社の活用がありましたが、平成時代は、全く活用件数がゼロ出会ったために、この制度について本当にそんな制度が存在しているのか?と疑問視されていますが、令和になってからは、資金は動き出しています。

当ブログでも、この企業育成資金の制度について積極的に説明をしています。本ブログの閲覧回数も24万アクセスを超えていますので、相当多くの方が、企業育成資金の制度について理解をしたのではないでしょうか?

東証一部の資本金100億円以上
銀行
の代表権者個人の方(日本国籍)が対象者になります。

よって、

別案件で、余剰資金本部が行っている制度、

信用金庫の預金高3000億円以上でも相談可能で、企業育成資金を受けることができる制度がありますが、これは、本資金と言われる本来ある企業育成資金の制度ではなく、余剰資金から提供する資金ですから、積極的に投入される資金ではありませんが、必要であれば、相談にのるという案件になります。

やはり、無制限で資金提供ができるのが、本資金といわれる

東証一部の資本金100億円以上
銀行(都市銀行、地銀、ネット銀行)

の代表権者個人(日本国籍)に提供される資金

これは、最高裁で決定されて、

免税、免責、免訴、返還不要の資金であり、政府保証で調達された民間プロジェクト資金であるということを覚えてください。

この資金は、政府保証です。よって、免税、免責、免訴であり、返還不要であります。

その仕組も覚えてください

申請費用は、無料です。政府の中央省庁でなく、資金本部が行っている案件であります。非公開組織でありますが、企業育成資金を提供するための団体であります。

これは、私募による募集であります。非公開である理由は、1933年米国証券法において、インサイダー取引にならないためには、非公開で募集をすると決まっています。

これも覚えておいてください。すなわち、この資金は、証券市場に影響を与えることに使ってはいけないということになります。

ただ、日本の場合は産業支援を目的に使うことは問題ないので直接、証券市場での株の購入などしないことが条件です。

研究開発費や、人件費、教育、社会福祉など、そのような資金に活用すうすることは問題はありません。

日本の経済的安全保障を考えたときには、この企業育成資金を活用して、日本を富国強国にするひつようがあります。

資金は、企業育成資金から調達して、立派な社会を作る努力は、そこにかかわった国民の努力ということになります。

その資金をどのようにして申請したらいいのか?

それも覚えてください。

このボログの連絡先に連絡を入れて、面談の予約を入れることです。
それで、すべてが解決です。

MSA総合研究所より