実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金において信用金庫は預金高3000億円以上の代表理事が申請できる制度です。

日本経済の衰退が非常に厳しい状況になっています。

日本銀行の話では円安は容認できるという話を言っていますが海外から資材調達をしている企業にとっては10%以上ここ一週間で物の値段が割高になったということは非常に大きな影響があると言えます。

 

為替の大きな変動が短期間にあるということはそれだけ経済に影響を与えます。

 

地方経済の救済の要というのは企業育成資金の中でも余剰資金本部が行なっている信用金庫の案件というものがあります。

 

これは信用金庫の預金高3000億円以上の代表理事を対象とした資金提供の案件があります。

これは預金高の2倍から3倍という程度で資金提供されます。

一般的には信用金庫の場合は5000億円から1兆円程度の資金提供される場合が多いです。

 

信用金庫においてこれぐらい大きな資金が動くということは地域活性に使う十分な資金が提供されるということも言えます。

 

信用金庫は今後、銀行等と統合されてなくなっていくという考え方が日本の金融庁が持っておりますので、企業育成資金の提供は今年の夏までで終了する可能性があります。

 

このような企業育成資金は政府の方針と合わせて資金提供を行っているということが言えます。

 

信用金庫で預金高3000億以上の代表理事は企業育成資金から資金調達が可能です。

 

これは返済不要の資金となりますので本ブログに書いている連絡先にご連絡いただければ初回面談で資金者との連絡を取れるようにし申請を受理させます。

 

企業育成資金の申請は色々と噂されていますが非常にシンプルで単純です。

申請する対象企業の代表権のある方がこのブログに書いている連絡先に連絡をして頂きこれは仲介者でも構いません面談の予約を取ってください。

我々が面談の手配を行い同時に資金者との連絡ができるように手配をしますので初回の面談で申請受理となります。

その後10日ほどでご本人の指定の口座に入金されるようになりますので是非とも活用してみてください。

 

毎月5件以上企業育成資金を決めることを目標にご案内をしています。よろしくお願いします。

 

企業育成資金は一度受けても2年ほど開ければまた再申請可能です。

 

対象企業の各社1名しか申請はできませんが代表権のある方なら誰でも申請できます。

 

MSA 総合研究所より