実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

大きな夢を実現したい人にはこの話は非常に素晴らしい話です。

企業育成資金の話というものは対象企業の代表者にたどり着くには一人で達成することは非常に難しいです。

 

よって多くの方はこの育成資金の仲介業務に数人のグループで行っている場合が多いです。

そのことは全く問題はありません。ただ重要なことはいくら対象者と話をしても資金を出せる資金元との繋がりがなければ実現することはありえません。

 

我々は仲介者であれ申請者ご本人であれ企業育成資金を出したいということで活動されている方は支援を致します。

 

我々にご連絡をいただければ面談の段取りまた会場の設定等は当方が負担して行います。

 

ご本人が当方が指定する東京都港区にある会議室に来ていただければ全てのことをこちらが段取りいたしますまた仲介者がいる場合にも手数料等の相談は乗ります。

 

実際に活動して頑張っている方を支援します。よろしくお願いします。

 

一般の仕事ではなかなか一回で大きな収入を得ることは難しいのですが企業育成資金では夢を実現するための資金調達ができると思います。

 

これは人脈が必要になる仕事ですがコツコツと人の関係を作っていけば必ず実現できる話になります。

 

初回面談から資金者への連絡まで30分以内に実現させ一度の面談で申請を受理させます。

企業育成資金で重要なことは申請者が資金者と連絡が取れるということが一番重要です。

これができない限り申請受理されたということにはなりません。

書類を欲しがるブローカーがいますが書類を持ち歩いたからといって申請は受理になっていません。

ここが重要なポイントになります。

 

企業育成資金の申請業務に対して無料相談を随時おこなっています。

面談設定から全てのことに対して我々がサポート致しますのでこちらのブログに書いている連絡先にご連絡ください。

企業育成資金の申請費用は無料です。

 

MSA 総合研究所より

 

*********************

★誰も教えないお金の大学校セミナー開催決定!

「誰も教えなお金の大学校セミナー」

第二回目 開催 
日時 2022年4月10日(日曜日)
午後2時から午後4時20分
定員数 20名(会場は最大32名です)

場所 
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3丁目5−12 大橋ビル4F
(神田セミナー会場)
https://goo.gl/maps/BiLqXav8Qecmb8zW7

講義内容「企業育成資金とPPPの世界について」
午後2時から午後3時45分までセミナー
午後3時50分から午後4時20分まで名刺交換交流会

■申し込みは、下記のホームからご連絡ください。↓
参加費用無料
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

講師 当ブログ筆者による講義を行います。
ブロブの読者であれば無料参加できます。

※感染対策のためのマスク着用でお願いいたします。
宜しくお願いたします。

筆者より

***************