実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

異次元の円安に向かう日本経済の行方。この問題を解決するのは、企業育成資金の制度以外存在しない。

□異次元の円安に向かう日本経済の行方。この問題を解決するのは、企業育成資金の制度以外存在しない。

 

 

さて、異次元の円安に向かう日本経済の行方について考える必要があるかと思います。日本の借金である国債の買い入れを日本銀行中央銀行)が無制限に行うという政策を行っていることで、金融市場は円売りになっているということです。

 

日本は、1300兆円ほどの政府の借金があり、もし中央銀行国債の買い入れをしなければ、政府は完全に資金調達することができずに、破綻します。そのなかで、仕方がないので無制限の国債買い入れを日銀が行うという構図になっているのですが、これでは、日本円の信用度は世界からみたときに、破綻国家の通貨として見られてしまいます。すなわち一番やばいことが、今始まっているといえます。

 

この事実はあまり報道されていないのですが、今円安容認ということをしていますが、これは、無制限で国債の買い入れを宣言しているので、ここで、金利を上げることもできず、ただ、政府の借金を支えるための日銀の政策に、日本円の魅力をなくしているといえます。これを見れば、世界は日本離れが始まっており、今後のその流れを変えることは難しいといえます。今、何もしなければ、日本は、打開策はありません。掛け声だけの政府財政のプライマリーバランスを安定させるという話がありますが、これも、永遠と何も変わらないままです。

 

日本は、エネルギー産出国でもありませんので、日本製品が世界で飛ぶように売れる時代は、終わり、円の必要性がどれだけあるのか?と市場から見捨てられそう担っているといえます。これは、危機的なことといえます。

 

すなわち、こんなときこそ、円相場に左右されない、自給自足の国造り以外方法がありません。

 

食料自給率、エネルギー自給率100%を目指す、サプライチェーン国産化を目指し、外国に頼ることなく、国家が回せる日本国をつくらなければ、輸入中心である日本の経済基盤は、非常に弱いということがいえます。経済的安全保証を考えれば、日本が経済的に自立できる国家にしなければ、体外的な影響が大きい国家になるべきではないというのが、筆者の考え方です。大国でもない、島国ですから、自給自足の国家づくり、内需型の経済基盤を形成して、外国に影響されない社会システムを構築する以外、今の日本には生き残る手段がないと考えています。

 

 

そのための財源はどうするのか?それをするための投資資金は、これは、企業育成資金の制度を活用する以外に方法がないといえます。日本は、この仕組のみが、巨額な資金調達を可能にする仕組みです。

 

 

東証一部の資本金100億円以上

銀行

 

信用金庫の預金高3000億円以上(期間限定)

 

 

これらの企業代表権者個人(日本国籍)に対して、政府保証での民間プロジェクト資金が変換不要の資金として提供されます。

償還に関しては、PPPを用いた仕組みで償還することで、使用者であるプロジェクト推進者(東証一部、銀行、信用金庫)の代表権者は、資金を返済する義務もなく、免税、免責、免訴として最高裁から許可を得て、資金を取得することができます。

 

 

この制度を活用して当たらたな日本の経済的安全保障の財源として、民間投資を積極的に行うことが重要になります。

 

MSA総合研究所より