実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

国家の危機を救済する支援事業が、企業育成資金の導入案内事業である。

□国家の危機を救済する支援事業が、企業育成資金の導入案内事業である。

 

 

国家の経済的安全保障を救済するために、東証一部の資本金100億円以上、銀行の代表権者に企業育成資金の導入を説明することで、同時に国家の財政支援にもつながる。これは、G7の国々への支援と同時に、人道的支援を目的にした財源確保などにつながる。日本の企業育成資金の制度は、税収に関係ない臨時収入として、財政投融資によって行われている特別会計とは別の財源として、資金を政府国庫にいれることなく、関係財団などで企業育成資金でえた収益を保管して、資金を活用する仕組みがあります。

 

政府に関する財源というのは、表向きは、税収と、特別会計で行われている財政投融資における運用財源が一般的に知られていますが、それ以外、政府の外側で行われいる収益モデルが、第三の財源と言われるPPPを用いた財源確保の手段ということになります。

 

よって、ここ言う話は、税収、特別会計で言う財政投融資以外である外部収益になる案件が、「企業育成資金」からの収益モデルということになります。これは、直接政府の国庫で保管されれている財源でなく、財団などの外部保管されて民間によって管理されているために、表に出ることがありません。

しかし、保管場所が政府管理でないとしても、保管場所だけの問題ですので、税収や財政投融資ではないので、国民への報告義務がないだけです。しかし、この財源は、日本の経済的安全保障を実現するための財源、また、人道的支援、G7の同盟国の支援などの資金の財源として活用されています。

 

 

この資金を動かさない限り、また、大きな財源を確保できませんので、この資金のアナウンスをして、成約した場合には、紹介者は収益にも繋がりますので、この企業育成資金の案件は、仲介者が介在して行われているといえます。

 

これは、ビジネスとしても非常に高い収益性を見込めるモデルであることがいえます。この仕組で、成功報酬としての収益があるために、決してボランティアで申請条件を満たしている方に対してアナウンスして欲しいと話でないのです。

 

一般的なビジネスに比べると大きな収益を得れるモデルがあるので、このビジネスモデルが国家のためにもなりますし、同時にこの案件を推進した人にとって、立派な収益モデルがあることで、魅力的な案件といえます。

 

ですから、本ブログでは、これは読者の皆さんにとって価値のある情報を提供しています。

 

国難である政府財源の救済にもつながります。国に貢献できて、同時に収益があるのは、いい仕事だと思いませんか?

あなたの夢の実現も可能になります。

 

 

企業育成機構@MSA総合研究所より

 

f:id:shoukan:20220325130405j:plain

4月10日 神田セミナー案内

*********************

★誰も教えないお金の大学校セミナー開催決定!

「誰も教えなお金の大学校セミナー」

第二回目 開催 
日時 2022年4月10日(日曜日)
午後2時から午後4時20分
定員数 20名(会場は最大32名です)

場所 
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3丁目5−12 大橋ビル4F
(神田セミナー会場)
https://goo.gl/maps/BiLqXav8Qecmb8zW7

講義内容「企業育成資金とPPPの世界について」
午後2時から午後3時45分までセミナー
午後3時50分から午後4時20分まで名刺交換交流会

■申し込みは、下記のホームからご連絡ください。↓
参加費用無料
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

講師 当ブログ筆者による講義を行います。
ブロブの読者であれば無料参加できます。

※感染対策のためのマスク着用でお願いいたします。
宜しくお願いたします。

筆者より

***************