【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

日本は、最大の危機的状況ある、それでもあなたは、この情報を知ってなにもしないのか?

最近のロシアのウクライナの侵攻を見ていると、他人事ではないように感じます。ロシアとの領土問題は、日本は戦後一度も解決していません。1945年からですから、もう77年になります。北方領土問題は、完全の件で、返還に関することは白紙であるということをロシアが主張しています。


しかし、この問題は、日本の歴代総理大臣が随分、ソビエト連邦、ロシアと協議して、経済支援を続けてきましたが、すべて、騙されているということがいえます。

すなわち、ロシアは、初めから、日本に北方領土など返還する気がないといえます。だた、日本から経済援助を引き出すためのネタであり、まさに、恐喝的なネタであるといえます。


今回は、一部のロシアの有力政治家は、何を言い出すのかと思えば、「北海道は、ロシアの領土だという」意見を言い始めています。

ある意味、これは日本の主権を侵害する考えが普通にあるということです。これは、ニュースだけの話で、一つのロシア国内向けのプロパガンダとしての宣伝活動でしょうか?

ある意味、これは、脅しとしての宣戦布告でしょうか?

すなわち、相手はいつでも喧嘩を売るよとけん制しているといえます。

これは、とても平穏心で聞ける話ではないのです。

このニュースは、日本全国に流れていますが、真剣に日本の安全保障を考えることが大切な時期に来ました。すなわち、安全保障をおこなうには、多額のコストがかかります。

これを賄うのは、国民の税金だけで対応できるでしょうか?

臨時収入となる「償還制度」 すなわち、企業育成資金の制度を活用することで、財源の確保をする必要があります。

これは、政府保証で国際的金融機関から資金調達をして、その調達した資金をPPPによって運用して償還するという仕組みです。これは、民間プロジェクトの名義で資金は、調達しますが、PPPにおける運用益は、償還後に余剰資金がでますので、その資金については、経済的安全保障の財源として政府に関係する財団等を経由して資金が使える仕組みがあります。

現在は、PPP運用をしていることで、直接政府への国庫への資金を入れることはありませんので、「財政法44条資金」としての役目はありませんが、民家財源として財団等の民間口座で管理しているとしても、政府に関係する財源として、資金が活用できれば、同様の意味であるといえます。


企業育成資金は、かつての財政法44条資金ではなく、財団管理資金ということで、民間名義での管理されている資金となっていますが、しかし、人道的支援、経済的安全保障の財源として活用できる仕組みを提供しています。

よって、今、日本は、強く独立をするために、富国強国をめざすために、「企業育成資金」の制度を活用して、日本を守る意識をもつことが重要です。

企業育成資金は、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権のある方(日本国籍)に対して資金提供できる仕組みがあります。

このブログの読者は、愛国心ある意識高き国民であると筆者は、思っております。国難の時代というレベルではなく、

国家の安全保障に関する危機的状況を打破するには、富国強国を支援する事業に協力を求めます。

すなわち、それを支援するのは、「企業育成資金」の導入により、巨額な財源を確保することです。

4月21日 神田セミナーを追加で行います。

危機的状況である日本を救済すべく、我々の活動はあります。

企業育成機構@MSA総合研究所より

f:id:shoukan:20220411115156g:plain

 

*********************

★誰も教えないお金の大学校セミナー開催決定! 

「誰も教えなお金の大学校セミナー」

 
第3回目 開催
日時 2022年4月21日(木曜日)
午後2時から午後4時20分
定員数 20名
 
場所
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3丁目5−12 大橋ビル4F
(神田セミナー会場)
 
講義内容「企業育成資金とPPPの世界について」
午後2時から午後3時45分までセミナー
午後3時50分から午後4時20分まで名刺交換交流会
 
■申し込みは、下記のホームからご連絡ください。↓
参加費用無料
 
講師 当ブログ筆者による講義を行います。
ブロブの読者であれば無料参加できます。
宜しくお願いたします。
 
感染対策のためにマスク着用をお願いします。
※4月中のセミナーはこれで最後です。次回は、5月以降になります。(日程未定)
 
********************
 

最短最速で企業育成資金の申請を行うのは、MSA総合研究所まで

本ブログの連絡先にご連絡ください。

無料相談 随時おこなっております。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。