実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

世界規模でおこなう民間プロジェクト資金の資金調達方法(PPP)について

□世界規模でおこなう民間プロジェクト資金の資金調達方法(PPP)について


企業育成資金については、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権のある方が、企業育成資金の申請対象者になります。
これも、政府保証をつけた償還制度により民間プロジェクト資金を提供する案件になります。

それを可能にしているのが、FRBの認可でおこなうPPPになります。PPPに関しては、これは、世界トップ100位までの銀行に預金している資金がクリーンマネーであれば、基本的には資金量が1億ドルを超えれば、KYCをプラットフォームが行っているトレーダーデスクに、書類を申請すれば、トレーダーデスクから、インビテーションレターがメールで届けば、トレーダーとWeb面談をして、PPPにエントリーすることができます。

企業育成資金についてもPPPについても言えることですが、これは、「私募プログラム」であるので、公募していないので、プラットフォームにつながる人脈がなければ、申請もできません。

それが重要なポイントになります。また、KYCを提出したからといって、日本からPPPに参加する場合には、Swift MT799,MT760のブロックファンドメッセージを銀行が発行することが難しいことから、TearSheetの案件(書面だけ)でPPPに参加するということを目指す必要があります。その場合は、PPPに必要なクレジット・ライン(与信枠)は、申請者のものではなく、PPPのトレーダーの持っているクレジット・ラインの空きを借りることになりますので、トレーダーに選ばれなければ、PPPに参加することができません。

よって、これは、如何にトレーダーデスクと交渉するかということが重要になります。トレーダーデスクが直接交渉するのではなく、基本的には、トレーダーデスクに関係のある国際金融コンサルティング会社が間に入り、ビジネスを仲介する場合がおおいです。

通常、PPPに参加したいとなれば、国際金融コンサルティング会社や国際弁護士などが、プラットフォームの窓口を行っています。本当の窓口は、非公開で行っている場合が多いので、どの話が真実か、なかなか経験ない場合には、理解できないと言えます。


企業育成資金も資金の償還の際には、PPPを使っておこなってますので、企業育成資金の対象企業の代表者は、直接企業育成資金から資金調達をすればいいのですが、企業育成資金の基準外の企業の資金調達方法としては、PPPによる調達という方法が選択になります。

PPPは、基本的には、1億ドル以上(ラージキャップ)の法人口座であれば、資金を調達するのが、割合簡単であると言えます。1億ドル以下のPPPについては、スモールキャップ(小口)のPPPと業界では呼ばれていますが、1億ドル以下では参加が難しいといえます。

理由は、Swiftのシステム的なことになるかとおもいますが、PPPについては、口座に資金があるかを調べる際に、FRBミラーリングして口座を監視するのですが、口座監視に対して、1億ドル以下は、自由に調査できないということです。1億ドル以上預金されている口座に関しては、国際規定でミラーリングができ、口座の監視ができることから、残高の確認が用意であるということで、PPPに参加することが、承認を得やすいといえます。

ただ、1億ドル以下のスモールキャップのティアシート(書面だけ)のPPPの案件の募集は、行われていることは事実でありますが、これに参加するには、実際に資金があるかの確認は少し面倒な部分があります。

ただ、PPPに参加するのが難しのは、自らの資金を直接担保にしない場合(TearSheet:ティアシート)の案件に参加するのが難しいというだけで、通常のSwift MT799,MT760のブロックファンドを宣言すれば、多くのプラットフォームからオファーを受けることができます。

日本ではなじみのないPPPですが、日本の大手都市銀行の銀行口座でも申請は可能です。世界ランキングで、日本で一番上位の銀行がおすすめです。

4月21日(木曜日)午後2時から 神田セミナー会場にて
「企業育成資金とPPPについての資金調達」についての勉強会を行います。


参加費用は無料です。
定員は、20名です。

4月13日午後6時現在

残り座席16席

 

ブログかMSA総合研究所のHPの申し込みフォームからお申し込みください。

企業育成機構@MSA総合研究所より

 

f:id:shoukan:20220411115156g:plain



*********************
★誰も教えないお金の大学校セミナー開催決定! 
「誰も教えなお金の大学校セミナー」

 
第3回目 開催
日時 2022年4月21日(木曜日)
午後2時から午後4時20分
定員数 20名
 
場所
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3丁目5−12 大橋ビル4F
(神田セミナー会場)
https://goo.gl/maps/BiLqXav8Qecmb8zW7
 
講義内容「企業育成資金とPPPの世界について」
午後2時から午後3時45分までセミナー
午後3時50分から午後4時20分まで名刺交換交流会
 
■申し込みは、下記のホームからご連絡ください。↓
参加費用無料
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6「誰も教えないお金の大学校セミナー」申込 日時 2022年4月21日午後2時~4時 神田会場
 
講師 当ブログ筆者による講義を行います。
ブロブの読者であれば無料参加できます。
宜しくお願いたします。
 
感染対策のためにマスク着用をお願いします。
※4月中のセミナーはこれで最後です。次回は、5月以降になります。(日程未定)
 
********************
 
最短最速で企業育成資金の申請を行うのは、MSA総合研究所まで
本ブログの連絡先にご連絡ください。

無料相談 随時おこなっております。