実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

政府財政破綻の問題があるので、今後も円安がつづく、日本の経済的国難は、これから最悪な時代を迎える。それに対応するには??

□政府財政破綻の問題があるので、今後も円安がつづく、日本の経済的国難は、これから最悪な時代を迎える。それに対応するには??


最近の円安傾向は、20年ぶりの水準であるという報道がなされています。1ドル=125円の壁で、日銀が介入するのではないかという噂がありましたが、結果は、日本政府の借金である多額の国債の買取を行うためには、金利引き上げもできることがなく、金融緩和の名目で、公定歩合を上げる事ができず、これは、金融市場が資金を求めて居るという問題より、日本政府の借金問題の解決策がないので、低金利、金融緩和政策を継続していると言えます。

すなわち、日本政府の借金問題が、完全に日本経済を壊すことを引き起こしているために、この1300兆円以上ある借金問題が解決しなければ、円安に対しても大胆な介入をすることもできず、また、政府の財源不足を補うための手段が、日銀の国債購入を依頼するという方法以外、現在解決策がないので、政府の転覆を阻止するために、低金利制服を継続し、日本の市場経済の混乱を生み出していると言えます。

結論からいって、この問題の解決方法はありません。

しかし、解決策があるとすれば、PPPに関する外貨収益を上げてることだといえます。政府保証で資金調達をする「企業育成資金」の仕組みを最大限に活用する以外、日本経済の救済する手段がないといえます。

そろそろ、日本の経済人も気付いたほうがいいです。

貿易など、今の日本が努力してもそんな簡単に黒字にすることができません。政府の借金問題が巨額にあり、金利引き上げもできず、世界は、円売りに走り、基軸通貨でもなく、エネルギーや食料をほとんどが輸入に頼っている日本は完全に生命維持装置は、外国だよりで、放置してきたつけが今きています。すなわち、外貨がなければ、日本は生きていけません。エネルギー、食料を輸入するために、円売り、ドル買いを行いますので、間違いなく円安はまだまだ進みます。

ですから、原材料も高くなり、輸出も振るわなくなります。また、所得が増えないすので、インフレになります。

すなわち、日本は貧乏になるということです。
貧困国へまっしぐらということです。
完全に経済的安全保障という戦略で敗退国であると言えます。

これが、今の日本の現状であり、これから将来に対しても、希望も持てない国家になるのです。ただ、企業育成資金の制度を理解して、多額の外貨収入を得ることができれば、日本も、延命できる手段をもつことになります。

企業育成資金について、長年、ブログで紹介してきていますが、これほど、効率よく外貨を得る方法がないと言えます。

4月21日 神田セミナー会場で、「企業育成資金とPPPによる資金調達方法」についてのセミナーを開催します。

これは、外貨収益を得るための手段になります。

無料で説明をしますが、これは、あなたにとっての収益を得る機会もありますし、同時国家を救済することができるモデルも存在するのです。

それが重要です。

 

企業育成資金とPPPに関する無料相談は、MSA総合研究所まで、
本ブログの連絡先にご連絡ください。

 

 

企業育成機構@MSA総合研究所より

 

f:id:shoukan:20220411115156g:plain