実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本経済の危機を救うのは、この方法が一番「償還制度」による企業育成資金の活用

□日本経済の危機を救うのは、この方法が一番「償還制度」による企業育成資金の活用


急激な円安になってきています。それに影響して、外国からの原材料の調達費用や、海外に依存しているサプライチェーンの影響で、ドル建ての仕入れ価格の高騰しており、この状況では、企業の利益損失が大きくなります。たった1週間で10%以上の日本円為替相場の下落というのは、ある意味、注目すべきことであり、大暴落といってもいいのです。

これは、日本全体の経済力への世界の評価になります。

このような危機の場合、海外の国際的金融機関で資金調達をして、資金提供を行う仕組み、企業育成資金の制度をつかって、外貨収益をあげることが日本にとって重要なことです。

自国通貨を強くするには、基軸通貨であるドルをもつことは、日本にとって重要なことです。これを効率よく資金調達できる手段は、企業育成資金以外方法がありません。

最近、資本金が小さい企業への資金提供(企業育成資金のようなものがある)という話が巷で流れているようですが、注意が必要です。
噂では、資本金20億円からできる案件があるなど・・・情報が入ってますが、企業育成資金ではそんな制度はありません。


企業育成資金の基準は下がることはありません。

東証プライムの100億円以上
◎銀行

の代表権のある方のみ

これだけが、政府保証で
償還制度によって資金調達した資金を最高裁の承認により、免税、免責、免訴、返還不要の資金として提供されます。

企業育成資金についての無料相談は随時おこなっております。
最短最速で、企業育成資金の申請は、当ブログの連絡先にご連絡ください。

 

MSA総合研究所より

 

4月21日 神田セミナー  残り座席 15席 (4月15日 午後1時現在)

 

「誰も教えなお金の大学校セミナー」

 
第3回目 開催
日時 2022年4月21日(木曜日)
午後2時から午後4時20分
定員数 20名
 
場所
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3丁目5−12 大橋ビル4F
(神田セミナー会場)
 
講義内容「企業育成資金とPPPの世界について」
午後2時から午後3時45分までセミナー
午後3時50分から午後4時20分まで名刺交換交流会
 
■申し込みは、下記のホームからご連絡ください。↓
参加費用無料
 
講師 当ブログ筆者による講義を行います。
ブロブの読者であれば無料参加できます。
宜しくお願いたします。
 
感染対策のためにマスク着用をお願いします。

 

f:id:shoukan:20220411115156g:plain