【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

国家に貢献できるビジネスだ。

□国家に貢献できるビジネスだ。


企業育成資金は、たしかに、国貢献できる、日本経済の活性化につながる仕事になるという大義名分は、あります。

ビジネスは、当然「社会貢献がある」だから、「収入」になるのです。

国家の貢献になる だから、大きい収入になるのです。

筆者は、これは、完全にビジネスであると説明しています。

ビジネス以外の何者でもありません。

償還制度というのは、私募で行っていますが、政府保証という金融モデルで収益を得るビジネスモデルです。それを実現しているのは、PPPによる資金運用モデルがあるので、成立するのです。

PPPに関する案件というのは、当然、名義人以外にもコンサルタントにもコミッションは支払われます。コンサルティング費用です。

あたりまえです。ボランティアでするひとなど、この案件だれもいません。逆に、社会のためですといって、利益にならないビジネスをするのは馬鹿です。

金儲けになるから、この話をしているのです。なぜ、この話を教えるか
、理由は単純です。教えた人と一緒に金儲けができる可能性があるからです。だから、教育も無料で行います。

すなわち、成功できる人脈をつくることは、同時に、MSA総合研究所の利益にもつながるからです。ですから、無料相談、無料セミナー、その他、無料でいろいろ協力するのです。

これは、完全成果報酬型ビジネスです。世界中のどの仲介ビジネスであっても同じルールです。完全成果報酬で、関係者に全員に利益になるビジネスモデルを提案することができるのです。これは、お客様から金をとる仕事ではありません。売り上げは、お金を差し上げることで、発生します。

PPPに関係するビジネスモデルは、そういう点では、いい仕事です。

日本では企業育成資金の制度、外国人とは、PPPのビジネスモデルで、日本、アジア、欧米の人と常に連絡を取り合ってビジネスを進めていますが、この仕事は、24時間対応で動きますので、夜中でも対応しなければならないときは、速攻で対応しています。

大きな利益があるから、刺激のあるビジネスです。この世界、理解できない人に納得させる必要もありません。

完全成果報酬型のビジネスで、成約すれば儲かります。国家のためになりますが、同時に、自分のため、ビジネスパートナーのためになります。

4月21日 神田セミナー会場では、「企業育成資金とPPPに関する」話を行いますが、これは、最高の仲介ビジネスであることを伝えます。社会貢献度が大きい利益も大きい、難しいですが面白い案件です。筆者は、それを伝えたいのです。

MSA総合研究所より

 

f:id:shoukan:20220411115156g:plain

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。