実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

全国から集まっていただきありがとうございます⇒神田セミナー

□全国から集まっていただきありがとうございます⇒神田セミナー


本日は、関東、中部、九州からセミナー参加いただきありがとうございます。企業育成資金というネタでブログを書いていますが、全国に和が広がっています。企業育成機構という企業育成資金の仲間の和も広がっていると思います。

自由に名刺交換できる場を提供しておりますので、企業育成資金について一人で考えるより、仲間でこのテーマについて考えたほうが、いろいろ超えられない壁が超えられるのではないかと思っています。


4月中のセミナーは開催予定はありませんが、コロナが緊急事態宣言にならない限り、また、神田でのセミナーを開催したいと思います。

地方都市での開催の希望もありますので、招待していただければ、セミナー開催も相談にのります。基本、筆者は、東京におりますが、以前から計画している地方都市の拠点開設も頭の中に視野をいれています。

大都市になりますが、
名古屋、大阪ということを考えています。
名古屋駅や、新大阪駅のような新幹線の利便性の高い駅の近くに地方拠点を作りたいと思っていますが、これも今後の課題です。

とりあえずは、地方でのセミナーを開催して、人の縁がうまくできるかどうかを考えて、いいチームが出来上がってくれば、地方都市にも出向く流れを作りたいと思っています。

企業育成資金は、基本的に日本の政府保証によって、資金を調達する制度「償還制度」ですので、本部は当然東京になります。

これは、企業育成資金に関しても、東京有利の構図がありますが、MSA総合研究所では、インターネットを通じて情報を発信しておりますので、情報格差はできる限りないようにしております。

今年になってセミナーを3回行っていますが、延べ70人以上ご参加頂いています。複数回積極的に参加頂いている方もいますし、一度だけ見学に来られた方もいます。やはり、理解を深めるには、毎回似たテーマですが、微妙に話の内容を変えて説明をしていますので、複数回参加されている方にも勉強になるテーマで説明しております。

今後もいろいろ社会問題と照らし合わしながら、企業育成資金の説明をしていきます。

本日は、「悪い円安」ということで、その原因とその解決方法について説明しました。

正直、ニッチな話題ですが、この世界、なかなかおもしろい人の出会いがあります。

企業育成機構@MSA総合研究所より