【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

企業育成資金は、救世主になる。

□企業育成資金は、救世主になる。


今、ロシアのウクライナの侵略により、日本企業はロシアへ投資していた企業は、撤退することを余儀なくされています。それにおいても、多額の損失が出ているということをニュースに出ています。

多額の投資をしている企業の中には、日本の基幹産業を支えるビジネスをしている大企業ですから、実際には、企業育成資金から資金調達できる仕組みがあります。


簡単に言えば、連合国(国連)が日本の支援のために考えた外貨貸付制度です。

これが、企業育成資金の本当の話です。

国連という表現では、意味がよくわかりませんが、英語では、ユナイテッド ネイションズ⇒連合国です。

 

ja.wikipedia.org

連合軍⇒連合国(戦勝国)⇒敗戦国日本の経済支援⇒外貨貸付、償還制度⇒企業育成資金  

ということを見ればわかります。


連合国(国連)が日本経済支援のために考えた外貨貸付制度です。企業育成資金は、これを考えたは、連合国の代表である米国金融機関です。

米国金融機関が日本の基幹産業プロジェクトにドルで貸し付けて、その資金の返済を、ドル運用で返済すれば、日本は返済大変じゃないでしょう。

ということで行っている制度です。

それわかれば、単純な制度です。


今、日本は、G7(西側連合国)の同盟国として、政策をおこなっているのですから、今のロシア問題や、共産圏ででた損失に対して、国内回帰をして、連合国(国連)が認めている外貨貸付制度+償還制度⇒企業育成資金から資金調達しても、だれも文句言いません。

むしろ、日本の共産化を防ぐために、資本主義の発展を支援するために、連合国(国連)が、日本へのドルの貸付を行う制度をスタートしたわけです。


これ、使わないと損です。

ただ、この運用は、PPPを使っていること、また、巨額な資金を提供する上で、インサイダーにならないこと、 ⇒インサイダー取引というのは、株主投資家に対して損失与える可能性のある取引  をしないこと

というふうになっています。

そりゃ、会社の時価総額を超える資金を、連合国が認めた外貨貸付制度によって、資金を調達すれば、会社の口座に入金すれば、確実に株価にも、会社の時価総額にも影響でます。それでは、株主に影響でます。

ですから、株主に影響でるので、これでは、インサイダーになるので、

結論、この資金は、個人口座に入金するというふうになっているのです。

これは、1933年米国証券法による「インサイダー取引」としてならないことが条件です。

この仕組わかれば、理解できます。

日本国内で解決できな問題は、外国からの支援制度を活用して、日本のピンチを乗り越える必要があります。

今の日本の通貨問題は、日本円だけでは解決できる問題ではありません。

連合国(国連)が認めた外貨貸付制度+償還制度⇒企業育成資金 を活用する以外、解決策がありません。


日本は外貨がなくては、今の問題は解決不可能です。

これは、日本円の問題は、政府は、日銀と組めば解決できますが今の、悪い円安の原因は、外貨不足ですから、


外貨を効率よく得る方法は、米国を中心とする連合国(国連)が許可した外貨貸付制度より資金調達(外貨調達)する以外、解決することができません。

これが重要なことです。

だから、企業育成資金が重要だと話しているのです。

MSA総合研究所より

Flag Counter