実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

一にも、二にも、外貨を稼ぎなさい 日本経済の立て直しには!

□一にも、二にも、外貨を稼ぎなさい 日本経済の立て直しには!

 

日本の弱体化の理由は外貨不足!理由はそれだけです。
外貨を稼ぐには、

インバウンドを再開するといい!という意見を言う人を見ましたが、

それ、世界はコロナで大変なのに、喜んで外国人が日本もコロナ流行しているのに、来るはずもなく、インバウンドの外貨獲得ネタは、沈没しました。


新しい製品をどんどん作って、輸出しない。
半導体も入手困難で、日本の主要産業は影響出ている状況で、現在のサプライチェーンの中心は日本にはありません。だから、製造で日本が貿易黒字になる時代はとても考えられません。

 

貿易赤字、外貨の流出、ドルの目減り、円の価値なくなる・・・

という構図、

外国の投資銀行から外貨を借りて、外貨運用によって返済する「償還制度」を活用して、外貨獲得する。


これは、可能です。

 

つまりですね。今の日本に残された最後の砦となる、外貨獲得の手段は、「償還制度」という外貨借り入れ、外貨運用返済制度による外貨獲得の手段を使うのです。

 

簡単に言えば、民間プロジェクトをする名義人になれる「東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権のある日本国籍の方」を名義人としてお願いして、米国が日本の経済支援政策で行っている償還制度で外貨を稼ぐのが一番いいのです。これは、特権ですのでビジネスではありませんが、米国に経済的に養護されているので、日本はピンチのときに、償還制度(企業育成資金)をつかって、経済の立て直しが可能です。

 

この仕組、理解しなければなりません。

日本の対象となる経済人に一人でも多くにその事実を伝えて、この制度を活用してもらうことで、日本の国難(外貨不足)は、解決することができます。

これは、完全にこれだけの一択で、他の解決策は、今の日本にありません。


MSA総合研究所より