【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

一にも、二にも、外貨を稼ぎなさい 日本経済の立て直しには!

□一にも、二にも、外貨を稼ぎなさい 日本経済の立て直しには!

 

日本の弱体化の理由は外貨不足!理由はそれだけです。
外貨を稼ぐには、

インバウンドを再開するといい!という意見を言う人を見ましたが、

それ、世界はコロナで大変なのに、喜んで外国人が日本もコロナ流行しているのに、来るはずもなく、インバウンドの外貨獲得ネタは、沈没しました。


新しい製品をどんどん作って、輸出しない。
半導体も入手困難で、日本の主要産業は影響出ている状況で、現在のサプライチェーンの中心は日本にはありません。だから、製造で日本が貿易黒字になる時代はとても考えられません。

 

貿易赤字、外貨の流出、ドルの目減り、円の価値なくなる・・・

という構図、

外国の投資銀行から外貨を借りて、外貨運用によって返済する「償還制度」を活用して、外貨獲得する。


これは、可能です。

 

つまりですね。今の日本に残された最後の砦となる、外貨獲得の手段は、「償還制度」という外貨借り入れ、外貨運用返済制度による外貨獲得の手段を使うのです。

 

簡単に言えば、民間プロジェクトをする名義人になれる「東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権のある日本国籍の方」を名義人としてお願いして、米国が日本の経済支援政策で行っている償還制度で外貨を稼ぐのが一番いいのです。これは、特権ですのでビジネスではありませんが、米国に経済的に養護されているので、日本はピンチのときに、償還制度(企業育成資金)をつかって、経済の立て直しが可能です。

 

この仕組、理解しなければなりません。

日本の対象となる経済人に一人でも多くにその事実を伝えて、この制度を活用してもらうことで、日本の国難(外貨不足)は、解決することができます。

これは、完全にこれだけの一択で、他の解決策は、今の日本にありません。


MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。