【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

よくあるツッコミ「財務省の基幹産業育成資金についての回答」について言われたときの回答

□よくあるツッコミ「財務省の基幹産業育成資金についての回答」について言われたときの回答


当ブログは、一般的には知られてない「企業育成資金とPPP」についてテーマにブログを書いています。日本版PPPといえる⇒企業育成資金について理解をすることは、非常に重要になります。

この話をすると、財務省のホームページに「基幹産業育成資金」について注意勧告を書いていることで、このような資金がないと思いこんでいる方、そのカモフラージュの意味がわかっていません。

基幹産業育成資金は、財務省は行っていません。それは、正解です。財務省は、日本の財政について管理する省庁ですが、FRBのPPPに関するトレーダーデスク(資金本部)ではないからです。

巨額な資金の話があるということを聞けば、財務省が管理しているということを思うので間違いであるのです。財務省も、トレーダーデスク(資金本部)がおこなっていることを、聞かれても、「それは、何だ!」という話になるのです。

企業育成資金の基本は、償還制度です。償還制度とは、外国の投資銀行からドル建てで資金を借りて、PPPでドル建て運用をして、資金を返済するという仕組みで、日本国が保証人になることで、資金を資金を借りて運用して返済するという仕組みです。

ですから、この制度は、たしかに、日本国が保証人となり、返済する際に返済する義務がないということを承認が最高裁法務省などで承認されますが、それは、行政的な手続きであり、裁判ではないので判例などありません。資金は、銀行融資、返済は、FRBの認可をうけた日本トレーダーデスク(資金本部)が行う仕組みで行っています。

このように考えれば、財務省が管理している資金ではありませんので、そこに問合せをすることは、間違いです。

すなわち、このことは、まったくを行っている別組織が存在しているのです。

この部分をメディアでツッコミを入れて、基幹産業育成資金は、存在しない、ということをワンパターンなことを書いているのですがには、全く別組織が私募で行っている案件であり、組織が米国証券法の規制があるために、非公開で行っているという理由です。

いずれにしろ、なかなか本当の話がわからず迷うものですが、迷う人は、それを納得させる方法がありませんので、その場合は、縁がないのですね。

MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。