実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本の課題は、日本国内の無駄遣いを考えるより、貿易赤字をどうにかすべき

□日本の課題は、日本国内の無駄遣いを考えるより、貿易赤字をどうにかすべき


日本国内で、常に無駄のない資金の使い方を言われるが、日本国内で日本円の消費であれば、さほど問題ないと考えます。それは、自国通貨であるので、必要があれば、常に発行できるので、問題は解決する方法が見いだせるからです。

問題は、貿易赤字です。これは、外貨に関することですから、外貨の流出というと、外貨貯蓄高から流出していくか、日本円を外貨と両替することで、得れますので、外貨不足になってくると、一気に円安になります。

今の問題は、日本国内の円による問題ではなく、貿易赤字により外貨不足によって起こっている円安、それによって物価高を牽引している、悪い円安だからです。

すなわち、エネルギーと食糧問題は、外貨によって解決するのでなく、国内自給率を高めるか、円建て貿易によって仕入れらる環境を作るかしなければ、外貨の流出があり、日本の円安はブレーキをかけることができないという状況になります。

それに対して劇的な効果をもたらすのが、都市伝説的な話になりますが、「企業育成資金」 すなわち、外貨による資金調達と外貨運用により資金の償還の仕組みを用いて、日本は、米国(連合国)の取り決めによって昔から行われている償還制度による経済支援制度を活用して外貨を獲得する方法があります。

本償還など昔は言いましたが今は、「本資金」という言い方をします。

これは、

東証プライム100億円以上、
銀行

の代表権者個人(日本国籍)を対象に民間プロジェクト資金の調達ということで、行っている制度になります。


もう一つは、これは、余剰資金によって行われれている案件ですが、

信用金庫の預金高3000億円以上の
代表理事に対して資金提供する案件

この案件は、臨時的に行っている案件ですので、今年の夏までを目処に、終了する予定があるという話です。

いずれにしろ、対象者から見れば、大きな日本円獲得の機会になりますが、大きな目でみれば、これは、外貨獲得のもっとも効率的な方法ということがいえます。


企業育成資金の申請に関しては、

最短最速、当研究所がサポートします。無料相談随時開催中、
申請費用は無料です。

MSA総合研究所より