【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

超円安時代が長期化する可能性が・・・それを解消するには、企業育成資金(外貨獲得手段である償還制度)を活用することが重要だ。

□超円安時代が長期化する可能性が・・・それを解消するには、企業育成資金(外貨獲得手段である償還制度)を活用することが重要だ。


この円安問題について、すでに、円安をどうにかするという対策をするより、円安になった分、政府が国債をどんどん発行して、それを日銀に買い取らせ、日本円で補助金を出すから、この円安時代を乗り越えてくれという政策をおこなっています。

さて、この政策は、その場しのぎの短期間の効果はえることができるかもしれませんが、長期的に考えれば、これは、かつて、戦後復興期、補助金によりインフレが止まらなくなって、円をどんどん発行して補助金をつけてその場した政策「竹馬政策」と同じことをおこなっています。

結果どうなるか、さらなる円安を牽引して、インフレが止まらず、物価高になり、国民の生活苦が続き、米騒動担ったという時代があります。

今、日本は、米騒動になるかどうか走りませんが食料品を輸入に頼っていることや、エネルギーを輸入に頼っていることで、ドル建てで仕入れている外国からの輸入製品の値段が高騰しており、その結果、景気は悪い、収入が増えない、同時に、物価は上がるというひどい結果になってきています。

やはり、政府にできる限界が見えてきました。

すなわち、基軸通貨として貿易決済がほとんど使われない日本円では、貿易赤字が進行すると、立場が苦しくなります。

日本は生産性を高めなければ、国家の維持ができなくなります。すなわち、貿易黒字による外貨獲得をする必要があります。

今の日本の円安の原因は国内の不況というより、貿易赤字による外貨不足よるものであると言えます。日本円では、商品が買えないということで、円が売られてドルが買われるということで、円の価値が下がっています。政府も国債を日銀に買い取らせたいということで、公定歩合の引き上げもできず、ゼロ金利政策をおこなっていることもあり、米国が金利を上げたことで、日本円は、貿易赤字金利政策にメリットがないということで、円売りドル買いが一気に進んでいます。

今の日本には普通に言えば、対応策はありません。

その問題を解決する手段は、唯一、これは、外貨による償還制度である企業育成資金の仕組みを活用する以外方法がありません。
企業育成資金の本資金(本償還)と言われる制度は、外貨獲得の手段になります。外貨を外国の投資銀行から日本国の保証で資金を借りて、園資金の一部を直接民間プロジェクト投資として日本円に両替して使い、ドルで調達した資金は、PPP運用をすることで、資金を外貨運用により資金を増やし、資金を償還するという仕組みになります。PPPによる運用益は大きくでますので、この仕組を用いて外貨運用をおこなえば、大きな外貨を稼ぐ事が可能になります。

すなわち、今の日本に残された最終手段というのは、償還制度という外貨獲得のスキームによる収益を得る方法が最も効率的と言えます。

2018年から本ブログを書きはじめましたが、当初から、この問題を気付かせることが近い将来必ず問題が発生すると思っていましたが、ついに。価値のない日本円の時代になりました。

すなわち、しっかり、企業育成資金⇒償還制度によるドル獲得の手段⇒貿易赤字の補填をして、生産性の向上 をしない限り、日本は、このまま完全に沈没していきます。

なぜ、FRBが極秘でPPP運用を行っているか?それは、基軸通貨になるドルやユーロをPPP運用によって友好国に与えることで、ドル、ユーロを自国通貨に持たない国に対してドル、ユーロを分配することで、貿易の促進を行うという目的もあります。すなわち、麻雀でも点棒を先に配らないとゲームができないと同じで、貿易でも、相手に点棒(基軸通貨:ドル、ユーロ)を配らなければ、貿易することもできません。

これは、世界経済の発展のために貿易不均衡をなくすための手段としてPPPという貿易プラットフォームが資金を動かしています。

すなわち、企業育成資金のスキームというのは、このような理由で行われているのです。

MSA総合研究所より

Flag Counter