実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

悪い円安についてメディアも真剣に取り上げているが・・・

□悪い円安についてメディアも真剣に取り上げているが・・・

 

さて、悪い円安について、政府は何か得策を考えなければ、いけないといろいろ言われていますが、問題は、政府の問題もありますが、一番の原因は、日本の産業構造にあります。

貿易赤字が続いているということは、円が売られて、ドルが買われているからです。たしかに、公定歩合が低いというのも原因になっていますが、日本は、年間5兆円以上の貿易赤字がありました。また、円安になり、エネルギー高になり、食料も輸入に頼っています。

すなわち、生活の根幹を支える、エネルギーと食料が外国から輸入しなければ、やっていけないという世界を解決しなければ、根本的な問題解決には繋がりません。

それと外貨不足による日本の力不足が完全に世界にバレたのでしょう。その結果、日本は完全に円が売られて、ドルが買われる。という構図になった。また、日本政府の借金問題で、多額の国債を日銀に購入させる手段をとって、資金調達をしているので、借金返済の首を占める政策
金利上昇」など今の段階で政府は、日本の中央銀行である日銀にされると、日本政府も借金問題で破綻しそうですので、ゼロ金利政策という日本政府の財政を守るための「金融緩和政策」を継続しているというのが、今の現状と言えます。

これでは、まったくをもって解決の手段はありません。

資本主義経済の基本は、

1,貿易赤字にならないように日本の生産性を高める
2,貿易赤字になる要因になるエネルギー、食料の自給率を高める
3,サプライチェーンを外国に頼らない
4,外貨を獲得できるようにいろいろな手段を講じる


⇒いろいろ書きましたが、究極は、⇒企業育成資金の仕組み⇒ドル建て運用の仕組みによる外貨獲得をする手段を得るということが重要

ということになりなす。

なぜ、企業育成資金が重要かということは、日本円で多額の資金が申請者が返還不要でいただけるということも重要ですが、この仕組は、もともとは、ドル建ての運用によって効率よくPPPによってドルが調達できる仕組みもあるからです。

すなわち、PPPについては、非公開で私募プログラムによって行われていますが、これは、基軸通貨でない国に対して資金調達する手段としてこれほど、効率的な手段がありません。なぜ、米ドルとユーロが世界貿易決済の80%以上を締めているか、それは、資金を効率よく分ける仕組みも同時にあるからです。

麻雀でもゲームをするのに点棒を先に配ります。それと同じで、お金も基軸通貨は、先に基軸通貨を各国に配ります。その資金が流通することが、基軸通貨による世界の貿易の発展になるのです。

日本の経営者は、PPPの本当の仕組みが理解していません。すなわち、企業育成資金の仕組みです。

これは、PPPプラットフォーム企業が、FRBの認可を受けて、トレーダーがPPP運用することで、基軸通貨になる米ドルやユーロを資本家に分配しているのです。

企業育成資金の申請というのは、PPPからの分配と同じです。
その仕組を理解して、効率よく外貨を仕入れる方法を考えることが日本の経済発展にとって重要です。

東証プライムの資本金100億円以上
□銀行
の代表権のある社員(日本国籍

□信用金庫の預金高3000億円以上
代表理事日本国籍

上記の条件を満たした方が、企業育成資金の申請ができる条件になっています。


悪い円安を解消するには、企業育成資金を活用して、日本が外貨を多額に持つことで、強さが出てきます。

企業育成機構@MSA総合研究所より