実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

円安は、放置すれば、1ドル=150円になるか?そうなれば、逆に日本の復活を行うきっかけが生まれるのではないか?

□円安は、放置すれば、1ドル=150円になるか?そうなれば、逆に日本の復活を行うきっかけが生まれるのではないか?


最近の話題は、一気に円安が進み、日本は、1ドル=150円になるのではないか?という話もあります。

ここまで来ると、日本では非常に安く物を作れる国になる可能性が出てきます。すなわち、一度は、放置して円安を進め、

その後、日本には、企業育成資金の仕組みがありますので、その仕組をつかって、一気に産業投資を行い生産基地になるという方法も考えることができます。

ですから、悪い円安が、実は、日本の企業育成資金の制度の活用件数を増やす結果になると考えています。

ある意味、来るところまで来れば、昭和の時代に日本がなぜ発展できたのか?その答えを知ることができます。

これは、外貨による資金調達により外貨による運用で償還するという仕組みです。外貨獲得にもつながるということ、外貨があるので、日本円も発行できるということもいえます。

悲観していても仕方ないので、この仕組について、関係者に説明することが重要だと考えています。日本は、貿易赤字をなくし、外貨を十分に持つことが重要です。外貨を持つことが国家の経済の安定に繋がります。また、エネルギー問題、食糧問題については、輸入に頼らない良いうにすることが重要です。

かつては、株式会社日本と言われ、日本はエコノミックアニマルとまで欧米では言われましたが、それを支えた資金の調達制度、「企業育成資金」⇒償還制度について、理解をする必要があります。

これを支援したのが、日本とユダヤとの関係であるともいえます。
実は、米国はなぜ、日本を支援したか?それは、日本人が多くのユダヤ人を救済した歴史があるからです。米国のユダヤ人会のロビー活動によって、日本は、米国からの金融支援制度が生まれました。

普通に考えたら敵国の日本がなぜ、戦後すぐに、米国が支援したのか?それは、世界金融を支配している米国金融の多くがユダヤ金融であったからです。今でも、そのことは変わっていません。

そんな歴史もあり、日本は、米国の金融機関が支援するモデルによって経済的に救済されたといえます。ただ、70数年の歳月を経て、そのような過去に歴史について知らずに、生きている人たちが多く、戦後復興期に米国金融が日本に多額の資金を貸付、返済についても、PPPの制度を使って、簡単に返済できる仕組みを作ったのか?理由は、これは、日本人の先人が、ユダヤ難民を受け入れした歴史があり、米国のユダヤ人商会によるロビー活動により、日本を支援することになった歴史があり、その制度が今もなお、継続しているといえます。

償還制度という仕組みの原点は、日本は焼野野原になって、資金がないのであれば、国土があるじゃないか?国土を担保にして、米国金融が金を貸すから、それを米国FRBが許可を出して行っているPPP運用で返済すれば、日本は、返済が確実にできます。そのような概念です。日本の国土を担保するということが、償還制度の基本になります。
その条件として提示されたのか、基幹産業の復興が重要であるので、基幹産業に関しては、この償還制度を協力するという規定になったということをしれば、納得できるかと思います。

実は、日本には、資金がなくてもお金を生み出す事ができる制度があります。これが、企業育成資金の制度ということになります。

MSA総合研究所より