実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の本当の姿を理解すれば、日本の復興する方法は見えてくる。

□企業育成資金の本当の姿を理解すれば、日本の復興する方法は見えてくる。

 

企業育成資金の本当の姿を知るには、これは、日本国の成り立ちを理解する必要があります。日本は、2600年以上の歴史の中で神武天皇から始まり126代、今まで天皇制が続いています。確かに、近代日本になってからは、三権(行政、立法、司法)に関しては、政府が行っていますが、日本の国土の真の所有者は、大政奉還が行われて、明治新政府ができ、日本の領土は天皇によって統治されていることは事実であります。よって、企業育成資金の財源は、これは、償還制度を実現するに当たり、資金の調達に関しては、日本国が担保するという概念です。日本国が担保するというのは、日本の国土そして国民総生産GDPなどすべてを考慮した日本の価値ということになります。その価値に対して承認をして、国際的金融機関から資金調達することができるのは、誰の承認が必要でしょうか?それをできるのは、2600年の歴史がある天皇家だけが可能であると言えます。よって、企業育成資金(償還制度)に関する承認は、天皇家が関係して行っているということになります。総理大臣や財務大臣といえども、特別国家公務員ですから、その人物が国土を担保にした承認が可能であるかといえば、それは無理な話になります。よって、日本国を担保にすることで、資金を調達することができる制度ということを理解すれば、企業育成資金の成り立ちが理解できます。この資金に関する運用方法については、いろいろ昔から話題になっています。それは、ゴールドを使った運用をイギリスで行っていたという話ですが、それは、昔は、ゴールドのSKRとポンド債は、スワップをして運用できる仕組みがありました。今は、直接的にゴールドを運用することはなくなっています。PPPに関する概念は、SKRでも運用できることになっていますが、通常は現金です。現金のデーターがあることで、運用することができます。某銀行にあるブロックファンドの現金データーによる運用がされているという話がありますが、そのブロックファンドの価値が京の単位あるということで、ブローカーの間で、京の単位の資金が日本にあるということを話していますが、それは、ブロックファンドであり、動かすことができない資金になります。

 

なぜブロックファンドがあるのか?それに対して、日本国が保証しているのか?ブロックファンドだけでは、数字だけですからその裏付けが必要になります。その裏付けは、日本国が担保するという保証があるので、ブロックファンドの価値が生まれてきます。現金データーであるブロックファンを用いて、資金を調達するという概念になるかと思いますが、筆者にとっては、そんな特殊金融の世界はどうでもいい話であります。確かに、銀行における資金調達に関しては、ブロックファンドがあることで、それに対してICCの規約にしたがって、クレジット・ラインを発行することができます。クレジット・ラインを発行することができれば、ICCの規約である譲渡可能なクレジットの概念で、どこでも資金を調達することができます。

 

この仕組を活用して日本の資金本部は、ドルの獲得をして、調達した資金を償還する方法として米国FRBのPPPを用いて行っているという概念になるかと思いなす。

 

すなわち、国際金融におけるルールによって資金調達をしていますが、一番肝心な部分は、誰の承認によって、日本国がその資金を担保するかということになります。前の述べた2600年以上、126代の歴史のある天皇家の承認なくして、この制度を成立させることはできません。

細かい金融的な概念について理解をすることは必要はないかとおもいますが、この制度を承認する場所というのは、複数箇所ないという理由は理解できますか?

 

すなわち、なぜ、複数箇所に申請すれば話がだめになるのか?理由は、この制度を承認できるのは、日本には1箇所だけになります。日本国を担保にして承認できる人物が複数箇所あるはずもありません。

 

よって、この制度を活用できて日本国のために貢献できるということは、日本国民の代表であり、名誉あることになるのです。

 

筆者は長年、企業育成資金について説明をしていますが、究極をいえば、国際金融の話よりも、この制度は、日本国が担保となり行っている案件であるといこと。それは、日本の天皇家の承認により巨額な資金を生み出す仕組みがあるということを説明しているのです。

日本経済における「新しい資本主義」のあり方というのは、日本国を担保に資金を生み出す制度、すなわち、このブログのテーマである企業育成金を活用して日本経済内需型経済の発展をすることが重要であると説いています。

 

 

MSA総合研究所より