実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の本当の制度を理解すれば、日本の復活は容易にできる。

□企業育成資金の本当の制度を理解すれば、日本の復活は容易にできる。

長年、企業育成資金について研究していますが、この制度は、実にうまく考えられています。
償還制度、本償還、一次資金など、いろいろ呼ばれ方をしますが、資金調達に関しては、これは、日本国が担保することで、銀行から資金を調達します。その資金を企業代表者に提供して一部をFRBのPPPトレーダーに委託して、PPP運用を行い、運用益から償還するという方法になります。当然、PPPの場合、大きな運用益が出ますので、資金は余剰資金が生まれます。その場合は、通常企業育成資金で出せない企業に対して資金提供するということを行っています。

日本国が担保するという部分で、天皇家の承認があり、資金提供がまず可能になります。担保することで、金融機関は融資可能になります。融資された資金を、運用するのは、PPPのトレーダーにお願いして行うわけです。当然、PPPを行うには、FRBの認可をもったトレーダーがおこなうので、米国FRBの認可も取得することになります。そのようにして、資金提供ができるようになります。

また、この資金に関しては、日本国が担保する部分での法的手続きや、最高裁法務省での手続き、免税、免責、免訴、返還不要の手続きは、この部分に関しては、司法や行政が手続きを行わなければいけないということで、資金本部から依頼があれば、対応するということになります。

この仕組によって、東証プライム 資本金100億円以上、銀行の代表権のある社員を対象に東証プライムの場合は、資本金の100倍、銀行の場合は、預金高の3倍以上の資金が提供できるようになっています。

この制度は、日本の基幹産業に対する経済援助を行うことができるという国際協定によって行われています。これが、MSA(相互安全保障条約)に関する資金の条件に従って行っていると言えます。

すなわち、国土、日本国を担保に、条件さえ、満たせば、日本国には、資金を調達する仕組みが存在していることになります。

この話をする上で、なぜ、おかしな話になるのか?といえば、すでに、巨額な資金が極秘で運用されているということを強調すると、そのような資金がどこにあるのか?ということを探し始めるので、見つからないということになります。

それは、条件を満たした企業代表者が申請をして、初めて銀行が資金を準備するのであって、本償還はじめの財源が巨額にどこかに保管されているという話ではないらです。条件に合わせれば、日米におけるMSA協定の経済支援制度を活用することで資金調達が可能になります。その際に、担保になるのが、日本国であるので、それを承認するのは、天皇家であり、資金を提供するのは、銀行融資であり、その資金を返済するための運用をするのが、米国FRBのPPPトレーダーが行っているために、確実に1年ほどの短期間に資金を償還できる仕組みが存在しています。

よって、企業育成資金の仕組みを考える上で、天皇家(日本国としての担保の承認)、関係省庁(免税、免責、免訴、返還不要、法的チェック)、そして、資金本部(運用)は、FRBのPPPトレーダーとの仕事をして資金を生み出します。

このように理解すれば、明確に理解できるのではないでしょうか?すなわち、この制度に対しては、私募で行われている制度でありますので、非公開で行われています。その理由は、PPPを用いた運用に関係しているために、非公開組織によって行うようになっています。この部分の募集を行っているのが、資金本部すなわち、日本のPPP運用部(トレーダーデスク)が行っているということになります。

本資金や本償還、一次資金など、企業育成資金についての呼び名はいろいろありますが、すべて同じことになります。
この制度については,まずは、資金本部と連絡を取り、資金者に承諾を得ます。これは、日本国の承諾を得たのと同じことになります。法的コンプライアンスを確認とるために最高裁法務省の申請が必要になります。これは、資金者側から申請者が出てきた場合に限り、調査依頼をします。それでコンプライアンスの部分で問題なとなれば、本契約を結び、銀行から資金を調達をして、資金が提供されます。資金の返済義務については、まったくないことを保証するために、最高裁での免税、免責、免訴、返還不要の承認を得て、その結果、資金提供をうけた企業代表者(東証プライムの資本金100億円以上、銀行)は、資金を自由に使うことができます。

筆者は、この制度について随分研究しましたが、非常に良い制度が令和の時代でも継続して行われていることが、日本の救いになると考えています。

日本国の天皇家の承認を得て、調達されたた資金ということになります。償還の仕組みがありますが、これも、日米同盟における米国からの提案があった経済支援制度になります。この仕組があることで、日本は、令和の時代であっても諦めることなく、日本が豊かになる手段があると言えます。

正直、申請費用も無料でありますし、この制度に申請することで、巨額貸金を調達可能ということを理解できれば、日本の復興は用意にできます。そのことをお伝えしているのです。

 

MSA総合研究所より