実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の話を伝えることは何も法的違反はない。

□企業育成資金の話を伝えることは何も法的違反はない。

 

企業育成資金の話になると、悪いものに触れるような態度になる方が多いのですが、この制度について話をすることは全く法的に問題はありません。ある意味、誰かが伝えない話が伝わりません。ただ、私募による募集ですが募集組織は、非公開にしているだけで、その部分は、つなぎ役がいるわけですから、何も問題なくご案内できます。

 

さて、自信を持って話ししてもいい案件になります。この資金を受けた企業の代表者は、秘密保持契約にサインをしますので、第三者に開示してはいけない規定はありますが、この案件を案内する仲介者は、第三者に話しては行けないというルールはありません。

 

むしろ、間違ったことが伝わらないように、きちんと勉強した上で説明する必要があります。本ブログを全部読めば、それで、暗記されますと、どこから聞かれてもほぼ完璧に企業育成資金の制度について説明できるはずですから、問題なくあなたはプロフェッショナルです。

 

平成は、失われた30年と言われ、経済成長は停滞し、その後、令和は、「悪い円安といわれ」日本経済の本当の崩壊が始まり、日本経済が世界経済から消滅していくのでしょうか?そんなことを予言している海外の経済評論家がいるようですが、毎年50万人以上の人口減少をして、経済が縮小して、円安と貿易赤字で救いようのない「悪い円安」 日本の消滅が実現するのでしょうか?

 

それを阻止しなければいけません。それを阻止する手段は、企業育成資金の制度の積極的な導入以外道がありません。

 

あとは、移民政策を真剣に考える時が来るでしょう。

人口が減るのであれば、外国人観光客に人気のある日本は、もし外国人にとってもビジネス機会が増えれば、人は集まってくるでしょう。日本ビジネスの環境について外国人は理解していないことがいえます。

 

日本も頭脳立地をして、優秀な外国人が日本で創業することを支援できれば、日本は、世界における強い地位を確保できるでしょう。

 

企業育成資金は、日本人経営者のために、提供される制度ですが、この活用方法は、国家の経済力強化に貢献できるのであれば、日本で資金を使うのであれば、広く活用できる手段をもつことができます。

 

いずれにしろ、令和の時代も、「悪い円安、貿易赤字により日本消滅」ということになれば、救われません。ある手段を活用することは重要です。

 

それを伝えて行く必要があります。

 

MSA総合研究所より