実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金は一択です。

□企業育成資金は一択です。

日本の地方都市の衰退を救うには、企業育成資金の制度(償還制度)を使って行うことが重要と考えます。

ちまたでは、ブローカー同士の足の引っ張りをしているということが情報として耳にしますが、これ、意味ないです。

正直、日本のブローカー誰一人も直接この資金を動かす事ができません。前回のブログでも説明しましたが、FRBのPPPをおこなうためには、アカウント(口座)は、世界的にロイヤルファミリーの口座以外、一般の方の口座では直接できないルールがあります。これは、大きな資金の取引をする場合、コレスト銀行(中継銀行)が送金をブロックするからです。それをダイレクトに行う必要があります。それには、特殊な口座の取引ができることが条件になります。ということは、この案件は、日本で地位があるから・・・という問題でなく、ライセンスがなければ、できない案件であり、ロイヤルファミリーのアカウントは、制限がかからないルールがありますが、それ以外のアカウンとの場合は、PPPトレーダーのライセンスをつかって、トレーダーバンクと運用名義人の間に、RMA(Relationship Management Application)を銀行間で締結をして、そこで、トレードを行う必要性があります。仕組みはありますが、日本ではこの制度で運用することが許可がでませんので、日本におけるPPPは、通常の方法では不可能ということになります。

よって、この制度を理解すれば、この仕組をできるのは、日本のロイヤルファミリーの口座を管理できる方だけといえます。それが答えです。

この資金について、できるの誰か?という質問がよくありますが答えは、この文面を読めば、日本に他に誰がいるのですか?といえます。

一箇所だけですよ。と伝えているのは、理由は、PPPにおける仕組みがそうなっているからです。確かに、2008年以降PPPが民間にも開放してきていますが、民間で行えたとしても、大企業の経営者に資金提供する人など誰もいません。

このことを理解する事が重要です。

選択は一択です。

本ブログについて熟読されている方ならば、この制度について理解ができるかと思います。

MSA総合研究所より