【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

企業育成資金は一択です。

□企業育成資金は一択です。

日本の地方都市の衰退を救うには、企業育成資金の制度(償還制度)を使って行うことが重要と考えます。

ちまたでは、ブローカー同士の足の引っ張りをしているということが情報として耳にしますが、これ、意味ないです。

正直、日本のブローカー誰一人も直接この資金を動かす事ができません。前回のブログでも説明しましたが、FRBのPPPをおこなうためには、アカウント(口座)は、世界的にロイヤルファミリーの口座以外、一般の方の口座では直接できないルールがあります。これは、大きな資金の取引をする場合、コレスト銀行(中継銀行)が送金をブロックするからです。それをダイレクトに行う必要があります。それには、特殊な口座の取引ができることが条件になります。ということは、この案件は、日本で地位があるから・・・という問題でなく、ライセンスがなければ、できない案件であり、ロイヤルファミリーのアカウントは、制限がかからないルールがありますが、それ以外のアカウンとの場合は、PPPトレーダーのライセンスをつかって、トレーダーバンクと運用名義人の間に、RMA(Relationship Management Application)を銀行間で締結をして、そこで、トレードを行う必要性があります。仕組みはありますが、日本ではこの制度で運用することが許可がでませんので、日本におけるPPPは、通常の方法では不可能ということになります。

よって、この制度を理解すれば、この仕組をできるのは、日本のロイヤルファミリーの口座を管理できる方だけといえます。それが答えです。

この資金について、できるの誰か?という質問がよくありますが答えは、この文面を読めば、日本に他に誰がいるのですか?といえます。

一箇所だけですよ。と伝えているのは、理由は、PPPにおける仕組みがそうなっているからです。確かに、2008年以降PPPが民間にも開放してきていますが、民間で行えたとしても、大企業の経営者に資金提供する人など誰もいません。

このことを理解する事が重要です。

選択は一択です。

本ブログについて熟読されている方ならば、この制度について理解ができるかと思います。

MSA総合研究所より

 

 

 

 

Flag Counter