実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

通貨に関することは、頂点に米国連邦法があり、そのルールの下に日本の法律が関係している。

□通貨に関することは、頂点に米国連邦法があり、そのルールの下に日本の法律が関係している。

 

日本の国難ということが話題になっていますが、国難の1番の原因は、財政難であって、おカネの問題ということになります。

 

政府の財政難が、今派生して、国家の危機のようになっていますが、この問題を解決するのは、最後は、通貨発行権の行使ということになります。この制度に関わる制度というのは、米国FRBのPPPについて理解をしない限り、全く解決する手段はありません。

 

筆者が見る限り、日本の発展は難しいと内心思っています。すなわち、日本の経済界のトップクラスがPPPの制度について、あまりに知識がないので、資金を大きく獲得できる機会を喪失しているからです。また、日本の銀行も、FRBの提供するPPPについて知らず、国際金融業務で特殊な業務、新しいことに対して手を出そうとしない傾向がありますので、事実上、日本の発展が停滞しているのは、通貨発行権に対する仕組みを拒否しているからです。

 

この状況を見ていれば、日本のプライマリーバランスの黒字化など、話していますが、絶対に無理な話になります。日本の銀行システムは、米国の連邦法の下にある銀行システムであるということを認識する必要性があります。

 

企業育成資金の仕組みというのは、連邦準備制度(米国 FRB)におけるPPPの仕組みでありますので、それを管理している法律は、米国連邦法になります。米国連邦法は、通貨に関する管理に対する法律全般を決めています。企業育成資金の実行を第三者が阻害できないというルールがあります。それは、PPPの実行を拒否できないという米国連邦法にあるからだということになります。

 

日本で、企業育成資金の仕組みについて、理解するには、この仕組、通貨発行の仕組みというのは、米国連邦法の下に日本の法律があるということを知らなければいけません。

 

このことが理解できなければ、日本の危機を乗り切ることができません。すなわち、その国を豊かにできるかどうかというのは、私募で行われているFRBのPPPトレーダーがどの国のPPPを支援するかで決まっています。

 

MSA総合研究所より