【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

通貨に関することは、頂点に米国連邦法があり、そのルールの下に日本の法律が関係している。

□通貨に関することは、頂点に米国連邦法があり、そのルールの下に日本の法律が関係している。

 

日本の国難ということが話題になっていますが、国難の1番の原因は、財政難であって、おカネの問題ということになります。

 

政府の財政難が、今派生して、国家の危機のようになっていますが、この問題を解決するのは、最後は、通貨発行権の行使ということになります。この制度に関わる制度というのは、米国FRBのPPPについて理解をしない限り、全く解決する手段はありません。

 

筆者が見る限り、日本の発展は難しいと内心思っています。すなわち、日本の経済界のトップクラスがPPPの制度について、あまりに知識がないので、資金を大きく獲得できる機会を喪失しているからです。また、日本の銀行も、FRBの提供するPPPについて知らず、国際金融業務で特殊な業務、新しいことに対して手を出そうとしない傾向がありますので、事実上、日本の発展が停滞しているのは、通貨発行権に対する仕組みを拒否しているからです。

 

この状況を見ていれば、日本のプライマリーバランスの黒字化など、話していますが、絶対に無理な話になります。日本の銀行システムは、米国の連邦法の下にある銀行システムであるということを認識する必要性があります。

 

企業育成資金の仕組みというのは、連邦準備制度(米国 FRB)におけるPPPの仕組みでありますので、それを管理している法律は、米国連邦法になります。米国連邦法は、通貨に関する管理に対する法律全般を決めています。企業育成資金の実行を第三者が阻害できないというルールがあります。それは、PPPの実行を拒否できないという米国連邦法にあるからだということになります。

 

日本で、企業育成資金の仕組みについて、理解するには、この仕組、通貨発行の仕組みというのは、米国連邦法の下に日本の法律があるということを知らなければいけません。

 

このことが理解できなければ、日本の危機を乗り切ることができません。すなわち、その国を豊かにできるかどうかというのは、私募で行われているFRBのPPPトレーダーがどの国のPPPを支援するかで決まっています。

 

MSA総合研究所より

 

 

 

Flag Counter