実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

1500記事の更新を記録 25万アクセス超えになりました。

 

 

 

 

□1500記事の更新を記録 25万アクセス超えになりました。

 

 

企業育成資金についての解説ブログを長年おこなっていますが、このブログの更新回数も、1500記事を超えました。こつこつ書いていますので、多くの方とこのブログを通じて、知り合いになりました。ありがとうございます。

 

 

本ブログの読者は、企業育成資金というものをもっとも身近で知ることができる人ということになります。なぜならば、これは、現場の最前線でこの案件に取り組んでいる筆者が記載している話でありますので、当然、インパクトのある内容になっています。

 

これは、都市伝説のような話ではありますが、ビジネスとしてこの仕組を考える必要があります。PPPという米国が提供する仕組みがあり、当時に、日本国を担保として、資金調達する仕組み、すなわち、償還制度によって免税、免責、免訴、返還不要の資金調達を可能にしています。これは、国家を建設する上で、重要な資金調達の仕組みであります。このことを理解できる精鋭のみで我々は、本案件を進めています。

 

国際金融に精通する必要もあります、国家全体の問題に取り組む大きな視野を持つことも重要になります。すなわち、大きな事業を計画し、成し遂げることができるプランナーとプレイヤーが必要になります。

 

企業育成資金という国家レベルで物事を動かすことができる仕組みを理解有る知識人に伝えることで、日本の国をより良くすることを目的に日々活動しているのは、当ブログの活動になります。

 

 

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

MSA総合研究所より