実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本の資本主義構造を理解する上で非常に重要なこと。この構造が理解できれば、日本の復活は必ずできる。

□日本の資本主義構造を理解する上で非常に重要なこと。この構造が理解できれば、日本の復活は必ずできる。

 

資本主義社会というのは、ピラミッド構造になっているということは、多くの方が理解しているでしょう。一ドル札に刻まれた「ピラミッドとプロビデンスの目」は、資本主義はピラミッド構造になっており、銀行家が資本家に資金を配り、資本家が労働者階級に仕事を生み出し、資金を分配するという構造です。その国民は、税金を政府に納め、政府は、国民から雇われて社会サービスを提供するという循環型システムを繰り返すことが国家の正常な発展に寄与できます。

 

すなわち、西側諸国と足並みを揃える日本は、金融システムの最高峰での管理は、米国連邦準備制度FRB)ということになります。米国連邦準備制度は、連邦法により、管理監督されています。日本の通貨発行に関する仕組みというのも、米国との関係というのは、これは、米国連邦準備制度(ワシントン)の管理化であり、日本における資本主義の頂点が天皇家であるために、天皇家のアカウントを経由して、米国連邦準備制度がPPP運用を行い資金を生み出す仕組みがあります。

 

このことが理解できなければ、本ブログで書いていることは、全く理解ができません。

 

日本における資本主義社会の頂点は、天皇家であるということになります。よって、天皇家が日本の資本主義の頂点として連邦準備制度のPPPの仕組みを使って、資金を運用して、国民に資金提供を行っています。ただ、誰でもいいわけではありませんので、日本トップの資本家が天皇家であるので、その資金を分配するのも日本でもトップクラスの資本家に資本の分配をして、そこから、日本国民に広く分配できる仕組みを構築してほしいということで、日本のトップ資本家の基準を東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権のある方を対象に天皇家が償還制度で調達した資金が、日本を代表する資本家(東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権のある方)に資金を分配している制度を「企業育成資金」という名称で呼んでいます。

 

よって、企業育成資金について、政府に問合せても、政府はそんな財源はないと答えるのは当然です。それは、米国の連邦準備制度におけるPPPには、ロイヤル特権があります。すなわち、ロイヤルであるということで、特権的にPPPを行うアカウントを持つことができます。

 

通常の民間人が、いくら資金があっても、自由にPPPを行うことができません。これは、完全にライセンス制度になっています。

 

日本は、日本の資本主義の頂点である天皇家連邦準備制度からロイヤル特権におけるPPPアカウンを持って、日本のトップクラスの資本家に資金を分配しているということになります。

よって、この仕組は、米国連邦法の管理された仕組みで行われている制度であり、日本政府であっても、この制度に対して意見を言うことができません。これは、米国連邦法に守られた特権制度ということになります。

この制度いついて、第三者がこの資金を動かすことを阻害することを禁止する。という決まりがありますが、これは、米国連邦法による規定になります。

 

筆者は、通貨発行権に関することを随分研究しましたが、借金を伴わない資金調達をするには、PPPを理解する必要があります。失われた30年の脱却の方法ということを研究しましたが、結論を言えば、日本は、ほんとうの資本主義の仕組みが理解できておらず、低迷したということが結論であるということになります。

 

もう一度言います。日本の資本主義の頂点は、天皇家であるということを理解することです。資本主義の頂点に対して米国連邦準備制度は、PPPアカウントを開設して、そのアカウンを使って資金を運用して、日本の資本家経由で日本国民に資金を提供する仕組みをおこなっているということになります。これが答えです。この制度のことを「企業育成資金」という名称で呼んでいるのです。

 

日本の経済の復活の鍵は、天皇家の管理する金融システムを活用する以外、方法がないというのが結論です。

昭和の時代の長期高度成長が支援したモデルは、約370社の経営者がこの制度を活用して大きな資金を調達して、産業発展に貢献したからです。

その結果、昭和の時代は、日本は東洋の奇跡という発展を遂げられたといえます。

令和の時代もこの仕組を理解すれば、日本の復興は十分に可能です。

 

MSA総合研究所より