実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

ピラミッド構造の資本主義における日本の復活のストーリーの奇跡を考える。

ピラミッド構造の資本主義における日本の復活のストーリーの奇跡を考える。

 

 

ここ数回にわたり、企業育成資金は、日本経済における資本主義の頂点に位置する金融フローであると説明しました。連邦準備制度天皇家の金融システムを通じて資金を日本の資本主義市場に資金を移動させる出口になるが、企業育成資金の対象企業の経営者の口座ということになります。銀行システムというのは、口座間の資金移動ということが重要です。米国連邦準備制度の管理口座から天皇家の金融システムの管理口座、そして企業育成資金の申請可能企業の経営者の口座を経由して、一般市場に資金が流通する仕組みです。

 

これが、ピラミッド構造における資本主義における資金の流通フローになるといえます。通貨に関する法律というのは、米国連邦法であるということは、米国連邦準備制度が関係しているからです。

 

その資金の流通に関しては、RMAという仕組みを使って送金していることになります。すなわち、コルレス銀行(中継銀行)経由しないで、センダーバンクとレシーバーバンクとがダイレクト送金(メッセージの交信)をすることで、口座間の資金移動を行う仕組みです。当然、これには、Due Diligenceにおける取引における事前調査を銀行間での取引で、セキュリティーチェックを行います。また、FRBのライセンスを有していないトレードは禁止されており、連邦法の監視下での作業になります。米国の調査機関もその取引については、監視していると言えます。

 

この様な仕組みによって、国際金融の世界では、資金移動とPPP運用が行われています。PPPに関する取引は、世界ランキング100位以上の上位の銀行のみが対応できる仕組みがありますが、日本の銀行では通常、この世界について精通している人物は、ほぼ皆無と言えます。よって、日本の銀行トップであっても、この国際金融の仕組みについて全く知らないということもあり、この特殊な国際金融を用いた業務ということについての理解を示さないということがあります。しかし、世界的に見ても、PPPプラットフォームのバンカーは、コルレス銀行の特殊業務の経験者が行っているケースが多いと言えます。一般的な外為業務だけ取り扱っている銀行では、このような取引を行うことはまずありませんので、そんな業務を銀行が行っていないと言われるケースがほとんどです。

 

筆者は、日本経済の復活における仕組みは、銀行システムを理解するということが重要です。同時に資本主義社会における銀行システムがいかにどうなっているかを理解することで、日本経済の復活の道が見えてきます。

 

 

そもそも、資本主義というのは、銀行家が考えた仕組みであるといえます。資本主義社会で、如何に成功法を行うには、銀行システムを理解することが重要です。銀行システムが本当はどうなっているかの概要が理解できなければ、資本主義での問題点の解決は不可能といえます。

 

 

経済の解決は政治力でという説明をする人も多くいますが、政治力だけでは解決できない問題があります。それは、政治力は、減税や政府からの補助金などは、提供できますが、問題は財源をつくるために、国債という政府の借金を増やすことになります。それでは、根本的な解決方法には至っていません。重要なことは、宇宙から見て世界の銀行の仕組みがどうなっているか俯瞰的に観察する力がなければ、本当の問題解決ができないといえます。

本ブログでのテーマは、民間財源をつかった日本経済の復活ということを説いています。

 

それを理解するには、宇宙から俯瞰的に見て、銀行システムが日本にどのようにつながっているかということを知ることが重要です。

 

日本の資本主義経済における銀行システムにおけるもっとも重要な地位に有るのが、天皇家の金融システムということになります。この仕組がなければ、借金を伴わない資金の大きな注入することを、日本の経済市場にできないと言えます。

 

その重要な部分を担うのが、資金本部と言われる非公開組織になります。よって、資金本部が私募プログラムで行っている企業育成資金の案件は、非常に重要であり、日本経済を支えるために重要な制度であることが理解できるかと思います。

 

筆者は、日本経済の復活の道筋についての説明を、本ブログを通じて行っています。

 

 

MSA総合研究所より