実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の制度を簡単に説明すると

□企業育成資金の制度を簡単に説明すると

 

企業育成資金は、天皇家が国民のために準備している民間財源ということを理解してください。金融の仕組みについては、過去のブログに詳しく説明しています。ブログの読者の方から難しい筆者の話がむずかしく、特に金融知識のない方に説明するに当たり、どのように説明したらいいのか?という問い合わせがあり、簡単に説明することにこだわってみます。

 

これは、1951年より始まった制度です。天皇家が日本の代表する企業経営者に天皇家の財源から資金を分配して、日本の産業の発展の支援を行った制度です。よって、この制度のことを「長期管理権委譲渡資金」という名称で返還不要の資金として提供していました。その制度が現在にまで継続して行っています。

 

ということになります。

 

資金は返還不要で、長期間の委譲渡する資金ですから、天皇家の資金を委譲渡するということは、分配するということになります。

よって、この意味は、長期間、日本を代表する企業経営者に対して返還する必要なく、資金を委譲渡(分配)するので、国家のために貢献してください。

 

昭和の時代は、370件の活用実績、平成は残念ながら0件、令和は徐々に増えています。

 

という意味です。よって、財務省のホームページで注意勧告があるので、心配される方もいますが、中央省庁の財源ではありません。天皇家の金融システムによって、生み出された資金ということになります。

 

中央省庁が関する財源ではありませんが、民間財源として国家のために貢献することができる財源であるので、第三の財源という名称で呼ばれることがあります。

 

よって、第三の財源という償還制度(天皇家の金融システム)によって生み出された資金は、民間財源として、国家のために貢献できる財源を免税、免責、免訴、返還不要で提供されています。

 

その資金を天皇家の財源から委譲渡できる対象者は、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権のある社員(日本国籍)にとなっています。日本を代表する企業経営者は、国家のために貢献するための十分な財源を提供します。

 

ということを理解すれば、いいのです。これが事実になります。

 

その制度に申請するには、私募によって募集をしておりますので、非公開でありますが、資金者に通じる方が窓口担って案内をすることになっています。その窓口になる方を業界では、資金者代行などという言い方をします。

資金者代行を経由して本案件を進めることになります。

 

さて、疑問が晴れたでしょうか?

 

実は、企業育成資金の仕組みは、非常にシンプルです。

重要なことは、本資金の資金本部は、一箇所だけですので複数箇所に申請書類を申請すれば、複数枚の書類が、資金本部に集まります。。そのような場合は、3箇所以上から申請して、本部に3枚の書類が届けば、その申請者は、今後申請を拒否されます。よって、申請書類は、絶対に複数箇所提出しない。ということだけ知ってください。

この理由についても、以前のブログでも説明していますので、ここでは記載していませんが、複数箇所の申請はNGになりますし、同時に、本部に書類は集約されますので、ほぼほとんど状況がバレます。ここは、本当に注意が必要です。

企業育成資金についての無料相談を随時行っております。

 

MSA総合研究所より