【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

企業育成資金の制度を簡単に説明すると

□企業育成資金の制度を簡単に説明すると

 

企業育成資金は、天皇家が国民のために準備している民間財源ということを理解してください。金融の仕組みについては、過去のブログに詳しく説明しています。ブログの読者の方から難しい筆者の話がむずかしく、特に金融知識のない方に説明するに当たり、どのように説明したらいいのか?という問い合わせがあり、簡単に説明することにこだわってみます。

 

これは、1951年より始まった制度です。天皇家が日本の代表する企業経営者に天皇家の財源から資金を分配して、日本の産業の発展の支援を行った制度です。よって、この制度のことを「長期管理権委譲渡資金」という名称で返還不要の資金として提供していました。その制度が現在にまで継続して行っています。

 

ということになります。

 

資金は返還不要で、長期間の委譲渡する資金ですから、天皇家の資金を委譲渡するということは、分配するということになります。

よって、この意味は、長期間、日本を代表する企業経営者に対して返還する必要なく、資金を委譲渡(分配)するので、国家のために貢献してください。

 

昭和の時代は、370件の活用実績、平成は残念ながら0件、令和は徐々に増えています。

 

という意味です。よって、財務省のホームページで注意勧告があるので、心配される方もいますが、中央省庁の財源ではありません。天皇家の金融システムによって、生み出された資金ということになります。

 

中央省庁が関する財源ではありませんが、民間財源として国家のために貢献することができる財源であるので、第三の財源という名称で呼ばれることがあります。

 

よって、第三の財源という償還制度(天皇家の金融システム)によって生み出された資金は、民間財源として、国家のために貢献できる財源を免税、免責、免訴、返還不要で提供されています。

 

その資金を天皇家の財源から委譲渡できる対象者は、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権のある社員(日本国籍)にとなっています。日本を代表する企業経営者は、国家のために貢献するための十分な財源を提供します。

 

ということを理解すれば、いいのです。これが事実になります。

 

その制度に申請するには、私募によって募集をしておりますので、非公開でありますが、資金者に通じる方が窓口担って案内をすることになっています。その窓口になる方を業界では、資金者代行などという言い方をします。

資金者代行を経由して本案件を進めることになります。

 

さて、疑問が晴れたでしょうか?

 

実は、企業育成資金の仕組みは、非常にシンプルです。

重要なことは、本資金の資金本部は、一箇所だけですので複数箇所に申請書類を申請すれば、複数枚の書類が、資金本部に集まります。。そのような場合は、3箇所以上から申請して、本部に3枚の書類が届けば、その申請者は、今後申請を拒否されます。よって、申請書類は、絶対に複数箇所提出しない。ということだけ知ってください。

この理由についても、以前のブログでも説明していますので、ここでは記載していませんが、複数箇所の申請はNGになりますし、同時に、本部に書類は集約されますので、ほぼほとんど状況がバレます。ここは、本当に注意が必要です。

企業育成資金についての無料相談を随時行っております。

 

MSA総合研究所より

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。