実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本国は、世界に資金を貸し出している債権大国であるといえます。ある意味、世界最大の金貸し国家であるといえます。その与信枠を使って、現金調達する仕組みが、償還制度とPPPによる運用システムです。

□日本国は、世界に資金を貸し出している債権大国であるといえます。ある意味、世界最大の金貸し国家であるといえます。その与信枠を使って、現金調達する仕組みが、償還制度とPPPによる運用システムです。

日本は世界ナンバーワンの債権国



巨額資金の幻想は、これは、投資銀行からの借り入れ資金であるということを説明しました。国際金融市場では、政府保証を出せば、国際的な投資銀行は、その国の与信枠を使って資金の貸出を業務があります。日本は、対外資産に関しては、債権国であって、債務国ではないので、日本国の国際金融における信用は高いといえます。日本の国際問題は、政府の国内における自国通貨での借り入れですので、日本円を借金であれ、中央銀行で日本円を発行すれば、なんとか、国債問題はクリアーできます。

 

日本が優秀な点は、世界一の債権国であり、大概的に言えば、日本は金持ちの国家という事になります。よって、国際的金融機関(投資銀行)は、日本に対しては大きな資金を貸すことができるといえます。

 

その理論がわかれば、企業育成資金の財源は、日本国の大きな与信枠を活用して、投資銀行から資金を調達して、一部の資金を東証プライムの資本金100億円以上の代表権者、銀行の代表権者に返還不要の資金として提供して、残りの財源をPPP運用の財源として投資して、運用して、財源を生み出し、投資銀行への資金を償還すると言えば、この制度について理解できます。

 

世間で、巨額な資金があり、その資金が提供されるという話は、実際のことを知らなければ、幻想のような話になります。

よって、昭和の時代から埋蔵金といわれた資金は、日本国が対外的には、債権国であり、投資銀行から言えば、巨額な与信枠を持った国家が日本ということになります。よって、その部分だけを見れば、日本は破綻することがないという意見でありますが、これは、外国に貸し出している対外資産が巨額にあるというだけで、日本国内に資金が流通していないので、日本経済が悪化しているといえます。よって、日本は今やらなければいけないことは、日本は、対外的に存在する巨額な与信枠を活用して、日本に資金を引き入れる方法、償還制度を活用して、資金調達することが重要と解いているのです。どこの金持ちの資金者が資金提供するというのは、幻想であり、これは、国家の対外的与信枠を使った資金調達と、償還制度、PPP運用という仕組みになります。

 

MSA総合研究所より