【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

債権大国である日本の与信枠を利用した資金調達と、民間の1億ドル以上の与信枠というPPPの仕組みを利用した償還システムによって成り立つ企業育成資金の制度について知る。

□債権大国である日本の与信枠を利用した資金調達と、民間の1億ドル以上の与信枠というPPPの仕組みを利用した償還システムによって成り立つ企業育成資金の制度について知る。

 

企業育成資金の謎、巨額資金の提供するためのからくりというのは、実は日本国が世界最大の金貸し業を行っている国家であることを知る必要があります。国際援助ということ目的に、円借款を中心に、金貸しを行っています。実は、円安になるということは、日本から借金をした外国から言えば、円で借金を返済する必要がありますので、s日本に借金をしている外国政府から見れば、ありがたいことになります。

 

すなわち、円安になるということは、国内影響を考えれば、あまり良くないといえますが、対外支援を言うこと言えば、円借款によって、返済をする必要のある外国政府からみれば、借金が減った感覚になれます。実は、G7国家のなかで、日本は、ドルとユーロに属さない通貨ですので、日本円の相場というのは基軸通貨であるドルとユーロと違った動きをするということは、日本円相場は、円安にするということは、円借款の返済支援をするということで、重要なポイントにもなっています。このことを考えれば、円安は、対日債務のある国空見れば、支援されている状況になると言えます。よって、どの角度で、物事を見るかというので、金融の価値というのは、十分変わります。

 

そのことが、分かれば、日米の関係という重要性が理解出来るかと思います。すなわち、ドルと日本円の関係は、常に交換できる仕組みを構築することで、双方を助けていると言えます。

 

企業育成資金の巨額な資金の謎は、日本は、世界中に多額の資金を貸し付けており、その債権が非常に多くあることで、国際金融市場では、世界ナンバーワンの与信枠を持つことができます。そのために、与信枠を利用した資金の調達というのをしたいと思いますが、効率のよい運用というのは、PPPということになります。

 

PPPの運用は、これは、政府名義、や中央銀行名義での運用はできません。(簡単に言えば、財務省中央銀行、日銀の関与)が禁止されています。日本の巨額にある与信枠と使って、投資銀行から資金を調達して、民間運用であるPPPを活用して、安全に償還するには、民間の名義人が必要になります。

 

PPPというのは、1億ドル以上の与信枠がある人物を対象にPPPができるという国際ルールがあります。日本円で言うところの、100億円ということになります。資本金100億円の企業の代表権があるということは、代表権があるということは、企業と同等の与信枠が保証されているということになりますので、資本金100億円以上の企業代表権者は、100億円以上の資産価値を有しているとみなし、PPPの条件をクリアーしているといえます。よって、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権のある方(銀行の場合は現金資産ありますので、巨額な与信枠があることにある)は、ともに、国際基準である1億ドル以上の信用枠(クレジット・ライン)があると見なし、それに対して、PPPを行う資格を有しているということで、民間プロジェクト資金として、米国FRBのPPPトレーダーとJV(ジョイントベンチャー)を結び、PPPによる償還プログラムを実現できているということになります。

 

これは、国際金融の仕組みをうまく利用している制度であるといえます。

 

MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。