【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

世界経済の本当の仕組みが理解できなければ、企業育成資金の仕組みが理解できない。

世界経済の本当の仕組みが理解できなければ、企業育成資金の仕組みが理解できない。

 

企業育成資金を追求していけば、トレーダーデスクという事になります。プライマリーバンクのトレーダーデスクは、中央銀行の関与、財務省の関与することが禁止されています。

トレーダーデスクが、送金するには、Bank To Bank でなければ行けないという規定、それと、中央銀行の関与の禁止、財務省との関与の禁止とありますので、日本で資金の需要がある場合には、プライマリーバンクのトレーダーデスクと日本の民間銀行とダイレクト送金の仕組み(RMA)を結ぶ必要があります。ダイレクト送金出来る仕組みが出来るとプライマリーバンクのトレーダーデスクは、資金を送金することができます。トレーダーデスクは、民間からの何らなの信用枠がなければ、その信用枠を使って、PPPすなわち、プライマリーバンクのMTN(中期割引債)を発行して、プロ市場で売却することができません。(PPPトレード)なぜ、東証一部の資本金100億円以上なのか?銀行の代表権者なのか?それは、代表権があるということは、企業と同等の与信枠があると考えることができます。すなわち、その立場が、大きな与信枠を生み出しているということになり、トレーダーデスクとしては、その与信枠があるということが、PPPに参加できる条件としているのです。

 

よって、これは、プライマリーバンクのトレーダーデスクが、日本向けに行っているPPPのスキームということがいえます。

 

企業育成資金については日本の申請者側からの話だけクローズアップされますので、このような、浮世離れしたいい話が世の中にあるはずがないということになり、日本の常識だけで判断して話をする方が多くいます。

 

しかし、連邦準備制度における準備銀行のトレーダーデスクの業務という観点でいえば、これは、世界経済を作る立場の仕事をしているトレーダーデスクから言えば、これは、日本向けに行っているスキームだということだけです。

プライマリーバンクのトレーダーデスクが、世界経済発展ために日本向けに行っている仕組みが企業育成資金の仕組みでありますので、巷のブローカーが話していることとは次元が違います。

 

これは、本当の一番奥深い部分の銀行システムであるといえます。

 

MSA総合研究所より

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。