実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本でもPPPの仕組みは存在する。

□日本でもPPPの仕組みは存在する。

 

日本版のPPPの話があります。PPPというのは、売りたい商品を割引で仕入れて、それを瞬間的に転売するという仕組みでその仕入れ価格と売却益の差額をトレーダーと分ける仕組みのことを言います。

 

一般的には、この手の案件は、プロのクローズされた市場で極秘に行われるケースがありますが、基本的には、証券価値があるものを、割引で入手できることが重要であり、割引で入手したものを通常価格や通常価格に近い価格で転売することで得る収益を、仕入れをこす際のクレジット・ライン(与信枠)を貸してくれた資金者にキャッシュバックする仕組みになります。

 

さて、本来PPPに関しては、欧米の市場で、MTN、LTNの割引債や、先物取引される商品の手形を割引で割ったりすることで、その収益を獲得できます。

 

これは、譲渡可能なクレジットという仕組み(ICCの規約)によって可能になる売買案件になります。

日本で行われているPPPに関しては、10数億円の日本円の残高があることで、その資金者のクレジット・ラインを借りて、トレーダーが取引をして、爆速プログラムが行われています。

爆速プログラムでは、数倍の収益が1ヶ月以内に上がるということ、取り扱い商品が日本円での決済ができるものであるので、日本円でのクレジット・ラインを準備できれば、処理できる仕組みになります。

 

日本では、この資金者の預金残高のクレジット・ラインを利用する仕組みでの取引ということがあまり知られていないので、PPPというとそんなビジネスモデルが存在するのか?と言われますが、米国でこの仕組が考えられ、ユーロ市場では相当活発的にプロの証券市場で行われています。

 

日本の経済人もPPP、資金者のクレジット・ラインを借りて、大きな資金を短期間に収益を上げるモデルついて理解をする必要があります。

 

これは、米国に始まり、欧州、そして、日本でもまれに行われている仕組みになります。

この仕組は、米国証券法(インサイダー取引の禁止)、米国愛国者法(反社会体制、マネロン、テロ)の規制がありますので、私募として行うことが決まっています。この仕組を理解をすることが経済の発展で重要になります。

 

私募プログラムの世界を理解しなければ、資本主義社会で経済の発展を行うことができません。世界はすべてOPENで行われていることだけが全てではありません。私募というClose市場で行われる世界も理解しなければ、資本主義社会での発展ができないと言えます。

 

世の中で、都市伝説的な巨額な利益が発生する案件のほぼ全てが、私募プログラムで行われているクローズされた証券市場で取引される収益モデルといえます。

 

企業育成資金を最短でご案内します。無料相談随時実施中!

月間成約目標 5件です。日本経済を私募プログラムで救済する。

 

MSA総合研究所より