実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

PPPにおけるプロ市場があることが、G7経済の救済になる。

□PPPにおけるプロ市場があることが、G7経済の救済になる。

 

最近は、米国証券法のインサイダー取引にならないための私募プログラムについての説明をおこなっています。

証券に関する商品で、市場価格より割引で売却して、収益える取引をする場合、プロの大口証券取引市場で行われるのが、PPPトレーダーの取引であると説明しました。通常 MTNの割引債やLTNなども含みます。日本国債米国債、G7LTN(G7国の国債)も取引に含まれます。

 

つまり、プロの大口証券市場における割引債の取引の商品は、先進七カ国の経済支援を目的にする債権取引が主に行われているということが理解することが重要です。

 

PPPは、投資者の利回りが話題になりますが、それは、一方だけ見ている結果です。大量の割引のMTNやLTNの取引が行われるためには、そのためのクレジット・ラインの寄与をされることで、すぐに、現金化できるという点でも、債券の発行者にとってもメリットがあります。つまり、この仕組は、資金調達をしたい人、債権の発行者、PPPへの出資者の双方にとって利益があるモデルということになります。

 

最近は、G7の結束を強めようという動きが感じられますが、結論から行って、経済に関することは、G7における債券市場を支援するモデルがあることで、この協力体制によって経済を支え合っているといえます。つまり、米ドル、ユーロ、日本円、英国ポンドという通貨と、世界の主要な債券市場を抑えているのが、G7国の市場であると言えます。なぜ、G7の経済企業力が重要か?ということを常に話し合っているのか?といえば、表の経済を見ていれば、わからない点がありますが、PPPに関する取り扱い債権で、G7国の国債のトレードが行われているということは、結論、G7の政府の資金調達を支援しているのが、PPPにおけるプロの証券市場ということになります。

 

多額の資金調達をしたいG7政府では、国債の売却をすることが重要であり、その売却を支援する証券市場があることは重要なことです。政府が資金調達をしたくても、国債が売れなければ、資金調達することができません。そういう点でも、G7の国債の卸売をするプロの証券市場があり、それを支える財源を提供するPPPの仕組みがあることで、大量に現金化ができると言えます。

 

さて、このことが理解できれば、G7の経済協力を行うべきということを説明している意味が理解できます。つまり、G7であることは、国際市場で国債を大量に卸売できるという仕組みがあり大量の資金調達が可能であると言えるのです。

 

なぜ、G7の国が協力して国際支援、発展途上国の支援をするのか?といえば、これは発展途上国では、政府の資金調達の仕組みが乏しいという理由もあります。G7国以外でも小さいプロの証券市場でいろいろな国債が取り扱われているということですが取引量の規模が小さく、G7国ほどの大型の資金調達は不可能です。ある意味、債券市場では、G7は、最上位の資金調達の仕組みをもっています。G7国が発展途上国を支援しなければ、発展途上国への資金調達の仕組みが乏しいので、国際社会を支えるために、G7は、支援をしているのでしょう。

 

PPPについて、研究していくと、結論は、債券市場での資金調達の仕組みがどうなっているのか?ということが理解でき、なぜ、G7の国々が協力しているのか?そして、なぜ、G7国から資金を出して、発展途上国を支援しているのか?という理由が見えてきます。

 

企業育成資金の財源というのは、PPPにおける財源です。つまり、MTNやLTNの債権、当然G7LTN(G7長期国債)も含まれていますので、債権の売却益から企業育成資金が捻出されているということがわかれば、資本主義における資本の分配の原理が理解できてきます。つまり、企業育成資金を東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権者個人に資金を提供するということは、債権市場、国債売却などで得た利益を資本主義発展のために、日本のトップ経営者に資金を分配する仕組みということになります。循環する仕組みを円滑に行わなければ、経済は停滞するのは当たり前のことです。

 

実にうまく仕組みが考えられています。

企業育成資金ついて積極的に、関係者への説明を行い、日本経済の発展を支援していきます。

 

MSA総合研究所より