実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

都市伝説であるゴールドの売買のはなし?

□都市伝説であるゴールドの売買のはなし?

 

MSA総合研究所は、巷で噂される都市伝説的なビジネスモデルに対して、深堀りして、語ってみることにします。

よく耳にするのが、巨額なゴールド取引の話です。この話は、現物を動かして取引する話ではありません。

 

また、どこかの保管倉庫の一般企業名を上げて、そこにある。など話をしていますが、それも間違いです。

 

ゴールドの価値というのは、「銀行発行のSKR」であり、世界上位銀行で発行されたSKRが、価値があります。ある意味、SKRは、証券ですから、ゴールドの価値を銀行が保証するということになります。これは、一つのBG(銀行保証)ということになります。

 

確かに、銀行保証された価値があります。国際市場での価格変動がありますので、購入時点により相場の変動があるものになります。銀行発行の有価証券ということになります。

 

つまり、有価証券を割引で販売するということは、これは、交易市場での市場価格があるものを大量に、割引で販売するということですから、これは、私募プログラムの形式で販売されます。

つまり、米国証券法の規定と、愛国者法の規定で、インサイダー取引にならないために、極秘にコンサルタントを経由して、私募で購入するということになっています。

 

つまり、そのへんの一般倉庫に保管されている現物であれば、私募にする必要がありません。なぜ、極秘にされているか?理由は簡単です。

 

銀行もしくは証券市場発行のものは、大量に割引で販売する場合には、私募として取り扱わなければ、インサイダー取引になるのです。

 

で、そこから問題ですが、金融知識、国際金融の知識がなく、私募プログラムでの運用スキームのない、ブローカーがこの手のビジネスをするとただの迷惑以外ありません。つまり、大口取引のSKRの名義変更を割引で行いました。その後、運用手段がなければ、正直、ただたんに、証券に投資しただけで、現金を生み出すことができません。

これは、SKRは、ある意味、銀行が認めた価値があるブロックファンドになります。このブロックファンドに対して、Swift MT799のブロックファンドメッセージをPPPプラットフォームに対して送り、PPPによる運用をしてもらえなかったら、その投資は、あまり意味がないことになります。

この取引には、銀行保証という価値を利用できない出口戦略では、ゴールドの投資者にとってメリットがないと言えます。次にそのSKRの証券を売るにも、なかなか簡単に転売できるものではありませんので、最後までどのようにして、それを利用して資金調達をするか、利益をあげることができるかを知らなければ、価値を生み出しません。つまり、欧米のプラットフォームへのアクセスをして、PPPに参加できることで、その価値を生み出します。

 

日本国内だけ見ていれば、価値を見出すことは難しいでしょう。