実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

私募プログラムを知ることで、日本の活力をえるための資金調達の手段が見えてくる。

□私募プログラムを知ることで、日本の活力をえるための資金調達の手段が見えてくる。

 

都市伝説ビジネスは、基本的には、ほぼ全て私募プログラムによって募集されている案件であることがわかったかと思います。

 

すなわち、銀行や証券市場が関係する金融商品に対して、何らかの理由があり売り主が大量に割引で売却したい案件がある場合には、これは、通常の証券市場や交易市場に影響を与えないために、私募により売却するということをします。 

このことを理解することが重要になります。

よって、コンサルタントを経由して、売買を行われています。

 

日本では、ほとんどこの仕組による取引がありませんが、欧州では、債権においては、割引債の取引は、相当行われています。先程も述べましたが、割引のSBLCという仕組みです。これは、購入者にもメリットはあります。割引で購入しますが、満額のクレジット・ラインは、取得した瞬間から銀行で保証してもらえるというメリット、です。また、SBLCは、1年物が一般的ですが、満期になれば全額、購入者に資金が支払われます。

 

このような仕組みが欧州ではありますので、日本よりも資金調達の手段が豊富であることが言えます。

この事実が理解できてくれば、それは、豊かになることが理解できます。ただ、日本も負けておらず、古くから欧州のMTN市場から資金調達していることもあり、日本の対外資産の多さにも関係しているのではないでしょうか?

 

この部分が重要になります。私募プログラムによる資金調達ということは、非公開でおこなうことが決まっています。つまり、私募プログラムの債権市場で得た利益というのが、日本の企業育成のために活用する仕組みがあると考えれば、本ブログのテーマである企業育成資金は、非公開で、私募でおこなっているということが理解できると思います。

 

筆者は思うのは、私募による資金調達方法が欧州を中心に結構存在しています。この仕組で資金調達にするには、個人あるか、もしくは、上場株式に20%以内の支配された非上場企業と決まっているということです。つまり、上場企業に直接的に私募による資金を投入することは、証券市場に影響があるのでできないということになります。

 

よって、日本場合は、すべて私募による取引は、個人を対象にするということで行われているようです。これは、1933年の米国証券法におけるインサイダー取引とならないためと決まっています。つまり、このような情報は、実際に欧米のプロバイダーとの接点がなければ、何も情報を得ることができないということが言えます。

 

日本では、何も知る手段がなく、情報だけ出回っているので、間違った解釈がされているのは現状だと思います。

 

MSA総合研究所では、間違いのないようにできる限り、詳細について法的な部分、また、仕組みについて理解できるように説明をしています。この経済の仕組みは、学校では教えることがありませんが、ものすごく、国際競争をする上で、重要なポイントになります。

 

この仕組みは、欧米人が知っているわけです。筆者も実は、すべて欧州、米国のプロバイダーとの接点でわかってきた事実であります。つまり、日本では、この仕組みがわからず、国際金融での個別企業は、優位性をなくしているといえます。筆者は、そのことを訴えているわけです。

 

企業育成資金の仕組みを理解するにも、私募における金融制度を理解しなければ、結論回答を得ることができません。間違った解釈で、資金調達の機会をなくしては、意味がありません。

 

つまり、日本には、このような国際金融に精通した資金本部があり、資金本部が主催をして、企業育成資金の提供があるのですから、この資金の話について、真剣に理解するということが重要になります。

 

筆者は、日本経済の底上げには、教育以外方法がないと考えています。よって、常に情報を提示しているわけです。

 

MSA総合研究所より