【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

特定の個人がクレジット・ラインを貸し出すことで、日本経済は激的に上昇させることができます。

□特定の個人がクレジット・ラインを貸し出すことで、日本経済は激的に上昇させることができます。

 

企業育成資金の申請条件について

 

  • 東証プライムの資本金100億円以上の企業の代表権者個人(日本国籍) 

※提供金額 資本金×100倍程度

※提供金額 銀行預金高×3倍~5倍

 

と決まっています。なぜ、一部の大企業の代表権のある社員に限定して、企業育成資金で兆を超える金額が提供されるのでしょうか?その理由は、非常にシンプルです。

 

大企業の経営者であれば、大きなクレジット・ラインが設定できる為、 ということが回答になります。

 

クレジット・ラインとは、個人が持つ価値に対して銀行が設定する与信枠のことです。つまり、個人に信用が高いということは、与信枠が高いという事になります。代表権者=企業の価値  は、同等レベルという概念で考えて、代表権のある社員は、例えば、時価総額1兆円企業の場合、代表取締役の個人としての価値(与信枠)は、1兆円の価値があると考え、クレジット・ラインの設定する額面は、1兆円とするということになります。銀行の場合は、預金高が3兆円となれば、総資産それ以上ありますので、銀行の価値=代表権の価値 と同等レベルと考えて、クレジット・ラインを設定します。

 

通常のPPPにおけるクレジット・ラインの設定する場合は、現金の預金高をベースにクレジット・ラインを設定しますが、日本の企業育成資金の場合は、少し特殊なクレジット・ラインの設定の仕方をしていると考えられます。つまり、企業価値=企業の代表権者個人 は、同等価値 となり、 代表権者が企業育成資金に申請すると、大きな資金が提供されますが、その理由は、その人物が企業と同等の巨大なクレジット・ラインを設定できる人物という事になります。

 

つまり、トレーダーバンクは、個人の巨額なクレジット・ラインを利用して、トレードすることで、収益が得ることができるので、巨額な資金提供ができるという仕組みになります。

 

つまり、クレジット・ラインというのは、トレーダーバンクが、銀行の査定によって決める数字でありますので、企業育成資金に申請で着る立場の代表者が、企業育成資金を活用したとしても、銀行が独自のルール出決めたクレジット・ラインという数字によってトレードされているだけの話ですので、クレジット・ラインをもった個人(東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権者)は、普段の生活に何も影響ありません。これは、一般的な金融市場と分離されたプロ市場での取引をするためのクレジット・ラインの設定であって、一般市場には影響を与える事はありません。

 

よって、PPPにおけるプロ市場は、非公開市場によって取引されています。

 

つまり、特権的な金融市場であったとしても、ルールがありますので、トレーダーも資金を生み出す機会があったとしても、クレジット・ラインの設定ができなければ、プロ市場でトレードすることができません。よって、その地位になれば、企業育成資金に申請をして、国家財政を救済するためのPPPトレーダーにクレジット・ラインを設定するための名義を貸出すことで、大きな資金調達をすることができます。

 

つまり、クレジット・ラインの設定ができるということは、大きな資金を生み出すことができるということになります。

 

その作業ができるのは、天皇家に任命された国際金融のプロ集団 (PPPトレーダー)であるといえます。

 

この仕組が理解できれば、日本経済の発展は激的に上向かせることができます。すべてがクレジット・ラインという見えない価値の数字が資金を生み出していきます。これが、信用創造による資金の生み出し方になります。

 

MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。