実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

民間財源を使えば、日本いつでも復活することが出来る。それを実現するのが、筆者のマニフェストの実現である。

□民間財源を使えば、日本いつでも復活することが出来る。それを実現するのが、筆者のマニフェストの実現である。

 

 

 

今、時代は大きく変わろうとしています。つまり、日本は、表裏一体化する時代がやってくると考えています。

 

表の見えているものだけが動く時代から、裏の見えていなかった動きとつながることで、日本は豊かになるという事になります。

 

筆者は、企業育成資金、PPPについて研究した理由は、「失われた30年」というロスジェネ世代と言われる時代の終局する手段を考え、研究していたといえます。

 

つまり、大きな政府が行っていることは、国民を豊かにすることが出来るのか?または、「失われた30年の終局」を実現することができるのか?

 

と言う課題があります。筆者も、かつて国政選挙に出馬したことがありました。

 

つまり、海外に20年近くいて、どうも、日本が変だぞ、ということに、気付き、日本に帰国と同時に、無理やり落下傘で某政令都市に住民票を入れて衆議院選挙に出馬したことがありました。もう10年も前のことですが、その時、思ったのが、新興国は、どんどん豊かになるが、なぜ、日本が豊かにならないのか?これは、どこに原因があるのか?ということを追求したわけです。ある意味、筆者は、落選して国政に行くことはなかったのですが、自分が思った「ロスジェネ世代の逆襲として、国家を豊かにする方法」を考えるというテーマでこの問題点の研究を始めました。

 

それが、形として活動しているのが、MSA総合研究所です。

 

政治家が、日本の国を豊かにするということを常に国民に訴えていますが、豊かになるどころか、残念ながら貧困がここ30年以上進んだだけの結果でした。

 

すなわち、政治家には、通貨を発行する権利がないからです。税金をどう徴収するか?税金をどう使うか?法律をどうするか?という点は、政治の力でなんとかなります。

 

しかし、借金ではない資金の流通というと、これは、政治家の力がいくら強大になっても、これは、資本主義の原理では実現が不可能ということになりました。しかし、世界では豊かになる国もあるわけですから、一体、どうしているのか?と疑問に思うわけです。

 

ということで、最終的に注目したのが、企業育成資金という制度です。

 

この制度の仕組みをほんとうの意味で理解することが、国家の経済的危機を救済する方則、ルールを理解できることになります。

 

ということで、筆者は、実体験と、世界のPPPトレーダーデスクと、企業育成資金の本部運営者などとのディスカッションで得た情報をすべてまとめた結果、どうであるのか?というのが理解できました。

 

つまり、この世界は、明確な説明文が初めからあるわけではありません。みずからチャレンジをして、体験と経験をする以外、知る方法がありません。

 

つまり、この仕組みは、すべてが、クレジット・ラインという見えない存在にあるという結論は、筆者がトレーダーとのやり取り、外国のトレーダーバンクのオフィサーなどと、やり取りして、結果、その話が理解できました。

 

つまり、日本でも非公開案件と行われている企業育成資金も、すべてが、クレジット・ラインの設定が出来るという人物の名義が重要ということになります。

 

そのクレジット・ラインというものが、資金を生み出す仕組みがあることは、ほぼ日本の大企業経営者のほぼ全員の人が知らない世界の話になります。

 

つまり、そのことが、日本を豊かにするための答えが存在しているのです。

 

この答えが体験的、実体験として完全に理解するには、10年間のチャレンジの旅があったわけです。今、本ブログで書いていることは、簡単に知り得た情報ではありません。しかし、これをあえて、教えているのは、筆者の挑戦があるのです。「失われた30年」という時代の終局を実現するという個人的なマニフェスト(公約の実現)があります。

 

その答えは、企業育成資金という私募プログラムの仕組み中にあるわけです。

実は、こんな簡単なことですが、この筆者のマニフェストの実現をクリアーするには、日本全国にいる東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権者個人、約500人の経営者の意識改革をすれば、日本の復興はいつでもできることになり、それができる組織、仕組みが存在しているわけです。

 

しかし、反日グループのプロパガンダによって、企業育成資金について、間違ったイメージ戦略により、結論、日本人が豊かになれない社会を生み出す結果になってきています。

 

今、その実態について、開かざる扉が開こうとしています。つまり、日本人がなぜ、企業育成資金の制度が反日プロバガンダによって、完全に「デタラメの話だ」と宣伝活動をされたか?

 

これは、戦後復興時に370社以上、企業育成資金の仕組みを使って、日本経済が激的に豊かになったことに対して、ブレーキをかけたいという反日勢力があったことが原因しています。

 

つまり、日本が豊かになることにブレーキをかけるプロパガンダ活動に、組織的介入があるということが言われております。

 

結論、日本にある民間財源について、否定的な意見をいうアナウンスを流して、天皇家が任命して行っている企業育成資金の制度から国民を遠ざけようとしたといえます。

 

この問題点ついては、規制当局では理解していますが、立場的には、このことが私募プログラムとして行われていることで、主催者は、表立って反論することができないことをいいことに、反日プロパガンダ組織が、邪魔をしている事実はあります。本来、この制度は第三者が阻害することができない制度であり、個人、団体、政府であっても、この活動を阻害することが摘発の対象になります。よって物理的な邪魔をするより、メディア戦略による反日プロパガンダの戦略が行われており、日本が本当に豊かになることから遠ざけているといえます。

 

つまり、日本の反日プロパガンダを行なう組織は、排除されるべきであると考えます。

 

いずれしろ、この問題については、反日プロパガンダの宣伝活動に負けないように、本当の意味での日本の復活を目指すプログラムの実行ということを水面下で行う必要があります。つまり、表裏一体となり、日本の夜明け、つまり、天岩戸開きをしなければいけないということになります。

 

当研究所では、特に企業育成資金、私募プログラムという世界についての概念を教育することで、日本国を豊かにするための貢献を行っています。

 

****************

 

セミナー参加者募集案内 IN 浜松町・大門 セミナー会場

日時2022年7月29日(金曜日)午後2時から午後4時

場所 東京都港区芝大門2-4-8 メビウスビル 7階 会議室

(JR山手線・浜松町駅徒歩5分・地下鉄大門駅徒歩1分)

セミナーテーマ 「企業育成資金とPPPについての解説」

BY 誰に教えないお金の大学校 、MSA総合研究所主催

参加費用は、無料です。

定員は、15名 

講師は、本ブログの筆者(MSA総合研究所 代表)が行います。

 

※本ブログの読者同士の交流及び日本経済復活のためのプロセスについての勉強会を開催します。PPP(私募プログラム)に秘めた可能性について知ることで、あなた自身が豊かになるチャンスが存在しています。是非、ご参加ください。

過去に本セミナーに参加頂いた方もご参加ください。

 

案内地図↓↓↓

https://goo.gl/maps/Mn9tcDvzv7KX3faB6

 

 

セミナー申込みフォーム↓↓↓ こちらのフォームから申込ください。参加費用無料です。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

 

MSA総合研究所より