【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

平和維持活動というのは、安全保障問題における軍事的側面と、同時に経済的安定する社会ということが同時で行わなければなりません。

□平和維持活動というのは、安全保障問題における軍事的側面と、同時に経済的安定する社会ということが同時で行わなければなりません。

 

 

企業育成資金については、反日プロパガンダ組織による宣伝活動のお陰で、この案件に対して、非常にマイナスイメージを作り上げたことが言えます。たしかに、一般的には、考えられない大きい資金の話ですので、普通に生きている人にとっては関係ない話です。しかし、国家を作り上げるための資金となれば、相当大きな資金を動かさない限り、国家を動かすことができません。

 

企業育成資金は、日本におけるPPPになります。

この資金については、天皇家に任命された資金本部が行っていることになりますが、金融の仕組みは、欧米のPPPと同様の仕組みによって、割引の銀行券や債券などのトレードにおける収益を社会のために活用するという制度を持って行われている制度です。これが、資本主義経済を作る上で、いちばん重要な仕組みになります。

 

実は、この部分で知るべきことがあります。この制度は、国家の経済安定を目的に行われている資金の制度ということになります。

 

このことについて知らなければ、ならないことがあります。つまり、経済の安定というのは、平和維持活動という事になります。

 

平和維持活動をおこなうのは、安全保障ということで、これは軍事に関係してきます。つまり、軍事の仕事と言うのは、武力強化だけの話ではなく、平和維持活動ということで、安定した政府をつくること。安定した経済活動を生み出すこと。によって、平和維持が保たれることになります。

 

つまり、平和維持活動に対する経済活動というのは、これは、軍の仕事であるということを知るべきであります。

 

つまり、通貨の安定ということでの法律に関して言えば、これは、米国連邦法が基準になっています。日本の場合は、憲法98条第二項にある国際法遵守の規定から、米国連邦法で決まったことに対して、日本国内法が影響して作られています。つまり、平和維持に関することは、米軍基地が日本にあるということは、安全保障という名目、平和維持ということも目的にしています。平和維持というのは、軍隊だけのはなしでなく、軍部の経済安定をさせる部門が存在しており、経済を安定的に発展させるということも、平和維持活動、軍部の重要な仕事になります。つまり、日本は、30年以上、経済成長が停滞しており、社会不安が増しているということも有り、国内における安全保障及び平和維持活動において経済の安定ということが重要な要素になります。

 

これは、金融という話をしていますが、実は、特権的な金融制度であるPPPに関しては、平和維持活動の一環であるということを知る必要があります。

 

日本は、敗戦後、現在に至るまで、日本は敗戦国であり、敵国条項が国連(連合国)で今もなお、継続して指定されています。

 

国連(ユナイテッド ネイション=連合国⇒連合軍)という意味になります。日本は、第二次世界大戦でどこと戦争して、どこに負けたのか?ということを知らなければなりません。

 

つまり、連合軍と戦って、連合国に敗戦したのが日本であります。連合国から敵国条項で指定されているのが、日本であり、日本の平和維持をするために、連合国が連合軍を日本に配置しているのが、日本にある米軍基地であります。

 

日本を外国から守るためだけの安全保障でなく、日本国内の平和維持活動も現在も行っているということを日本人には、知らせていない事実であります。

 

すなわち、日本は連合国によって、連合軍が日本に配置され、国内治安維持のために、連合軍がいつでも動けるように配置されているということを知るべきです。

 

つまり、国連という表現で說明をすれば、なかなか解釈が難しいのですが、日本派戦後77年が過ぎていますが、今もなお、連合国が連合軍を配置して、国連の敵国条項の指定国になっており、国内の平和維持活動も行われているということを知ることが重要であり、同時に平和維持活動というのは、安全保障における軍事的支援及び、経済安定を含んでいるということを知る必要があります。

 

企業育成資金という仕組みは、これは、平和維持活動における経済安定を行なうための制度ということを理解する必要があります。

 

また、在日米軍基地については、米軍基地という表現をするので、米国のみが、日本の安全保障のために基地があると思われていますが、結論から言えば、国連軍(連合軍)による基地が日本にあるというとになります。

 

今、筆者が書いていることは、非公開の話でなく、ただ、学校が教えない、日本が戦後、国民に伏せてきた事実であります。

 

実は、戦争で負けて、国連軍による平和維持活動の一貫で日本の経済活動の安定ということで、行われた制度(企業育成資金)によって、日本は急激な経済発展ができたことがいえます。つまり、いまなぜ、日本の経済停滞があるのか?

 

その理由は、日本の本当の経済システム、社会システムについて、理解をしていない人が、国のリーダー的存在にいるからです。つまり、すべて、日本は、経済システムの根幹は、日本国民の自己努力だけでハンドルを握っていないということになります。

 

つまり、日本経済を良くしたいというのであれば、戦後、連合国が日本の平和維持活動の一環として、作り上げた経済システムを理解して、連合国から提案された経済発展の仕組みに準じて、作業することで、日本は豊かになることができるということを知るべきです。

 

そのことが、分からず、方向性が見えない努力する話をしているので、日本経済は発展できずに、停滞した30年以上の歳月が過ぎただけです。

 

真実は、どこにあるのか?

 

これは、戦後の日本が、どのような仕組みをもって作り上げられたかを知らない日本のリーダーが多く存在していることで、日本の迷走があります。

 

たしかに、反日プロパガンダによる日本の3Sキャンペーンのために、完全に骨抜きにされたといえます。

 

日本の社会システム、経済システムも、すべて連合国が戦後、考えた平和維持活動の仕組みによってできているということを知らなければ、いまの日本の失われた30年の終局はできません。

 

日本の経済発展で重要な仕組み、平和維持活動の一貫で、日本経済の発展する仕組みを、連合国(国連)から提案されて、現在もなお、天皇家が任命することで組織している資金本部が、提供する日本の経済発展のための仕組み「企業育成資金」についても、日本人が理解をせずにいる現状と、この制度について隠して、同時に、そんな制度がないということを、覆い隠すためにために影で隠れて行なう反日プロパガンダ組織による偽装工作によって、日本の経済発展と経済的安定を目指す制度が阻害されていることがいえます。つまり、日本人が、どうすれば、豊かになれるか?という仕組み、経済の仕組みを理解するべきです。 知識と教育の重要性があります。

 

このことがわからないでいると、日本の「失われた30年」「ロスト・ジェネレーション」という時代の終局にならないことがいえます。

 

経済もお金の仕組みもすべて、人が作り上げたものです。これには、仕組みと攻略法があります。これを理解してください。

 

つまり、日本における攻略法は、「天皇家の任命組織である資金本部が提供する企業育成資金の活用以外、日本経済の安定維持、発展する手段を持っていない」といえます。

 

これが、戦後日本に与えた平和維持活動の仕組みであります。

 

セミナー参加者募集案内 IN 浜松町・大門 セミナー会場

日時2022年7月29日(金曜日)午後2時から午後4時

場所 東京都港区芝大門2-4-8 メビウスビル 7階 会議室

(JR山手線・浜松町駅徒歩5分・地下鉄大門駅徒歩1分)

セミナーテーマ 「企業育成資金とPPPについての解説」

BY 誰に教えないお金の大学校 、MSA総合研究所主催

参加費用は、無料です。

定員は、15名 

講師は、本ブログの筆者(MSA総合研究所 代表)が行います。

 

※本ブログの読者同士の交流及び日本経済復活のためのプロセスについての勉強会を開催します。PPP(私募プログラム)に秘めた可能性について知ることで、あなた自身が豊かになるチャンスが存在しています。是非、ご参加ください。

過去に本セミナーに参加頂いた方もご参加ください。

 

案内地図↓↓↓

https://goo.gl/maps/Mn9tcDvzv7KX3faB6

 

 

セミナー申込みフォーム↓↓↓ こちらのフォームから申込ください。参加費用無料です。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

 

MSA総合研究所より

 

MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。