【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

復活、日本!それを行なうには、この資金の制度を理解しなければいけない。

★2022年8月末で基準が変更になります。

現在―2022年8月末

  • 東証プライム 資本金100億円以上
  • 銀行
  • 信用金庫の預金高3000億円以上

***************

★2022年9月1日以降

  • 東証プライム 資本金300億円以上
  • 銀行
  • 信用金庫の預金高3000億円以上

**************

という基準に変更します。

対象企業の代表権者個人を対象にしています

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

復活、日本!それを行なうには、この資金の制度を理解しなければいけない。 

 

日本人は、大多数の日本人がどんな仕組みで、できているかを知らずに生きています。 

それは、日本の安全保障、平和維持については、日米安保によって行われているということ、つまり、米軍(国連軍)が日本に駐在している意味は、日本の平和維持を今も尚、駐留米軍にお願いして行っているといえます。 

 

また、日米合同委員会と呼ばれる会議が毎月、2回行われています。つまり、日本の安全保障、平和維持についての会合ということになります。米軍幹部と日本の省庁幹部による会合となります。 

 

戦後日本は、米軍が日本に駐留して日本を育ててきたといえます。日本の位置づけは、第2次世界大戦時、ファシスト国家だった日本が、連合国によって解放され、米国が日米安保によって、日本の平和維持活動を行ってきた。現在も尚、日本の問題について、米軍と日本の官僚が協議して、色々決めているということがいえます。 

 

当然、安全保障における平和維持活動を行なう資金は、米軍(国連軍)は、ファンドを持っており、平和維持活動のために資金を提供しているという事を考えれば理解できます。PPPについて深く理解すれば、結論、安全保証を行なうための平和維持のための資金提供であるということに気づきます。 

 

つまり、この資金の使い方については、FBI CIA インターポールなどの諜報機関が調査するということが決まっており、25週間から30週間は、資金の流れについて調査されることが一般的だと言われています。 

 

これは、米国愛国者法におけるマネーロンダリングテロリズムの排除、反社会体制への関わりの禁止などの法規制による調査という事になります。 

 

しかし、この調査は、資金が、正しく使われているのであれば何かを言われることはありません。 

 

また、この資金を動かすことを個人、団体、政府であっても、中止することができません。これは、法律によって保証されています。 

すなわち、日本の企業育成資金でも、同様のことが言えます。日米相互防衛援助協定における第5条資金の規定にも、同様の記述があります。 

 

日本の安全保障における平和維持資金というのが、企業育成資金として基幹産業の経営者に資金提供されているといえます。 

 

つまり、反日プロパガンダによる邪魔する行為は、取締り対象であるということがいえます。 

 

これは、この資金は、企業育成資金という名称で呼ばれていますが、安全保障における平和維持資金ということになります。 

 

当然、これは、安全保障を管理しているのは、日米安保を行なう軍部が関係しております。 

 

日米安保における平和維持活動を邪魔している行為をするということ、つまり、悪質ブローカーは、結論どうなるか? 

反日プロパガンダ組織による活動、特に共産主義者による陰謀的工作活動に対しては、調査の対象になり同時に取締りする対象となります。 

 

 

この資金は、国連、米軍、日米安保による平和維持活動のための経済安定、治安維持にための資金となります。 

 

このことを理解する必要があります 

 

すなわち、この資金の属性がわからず、適当な事を言っているブローカーがいますが、ほんとうの意味を知らないことが問題であるといえます。 

 

明確に言えば、連合国が国連を組織して国連軍が平和維持活動を行なう上で、経済安定、治安維持のための財源を今も提供していることになります。この財源は、日本政府が持っているものではなく、米軍が持っている平和維持のための金融システム及びファンドといえます。今、この資金について、多少知られてきていますが、存在についての詳細は公開されていないといえます。つまり、なぜ、私募プログラムでこの資金が提供されているか? 

 

この理由は、この資金が公開されると、世界が変わるとも言われています。こんな話をすれば都市伝説の話になりますが、今は、通貨流通量を調整するために、資金量を調整して市場に流していますが、このファンドを市場に開放すれば、そのファンドが世界を変えることができるビックファンドになるとも言われています。つまり、米軍がもつ安全保証における金融システムとファンドは、世界を変えるマネーの力があるといえます。 

ある意味、日本は企業育成資金という名称で提供されている資金、つまり、安全保障における平和維持のための財源(経済安定・治安維持)があることで、日本人がこの資金の使い方を理解すれば、日本は一気にかわることができる財源を持っていると言えます。なぜ、筆者は、この資金について研究して説明しているのかは、目的は、一つ、「失われた30年」と言う時代の終局をおこなうための活動を行っているのです。 

 

日本にとっての第三の財源は、安全保障における平和維持活動を支援する経済支援制度による資金という事になります。これは、企業育成資金という名称で募集していますが、これは日本の平和維持活動のための財源です。 

 

つまり、日本の国難を救済するための財源ということがいえます。 

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。