【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

一般金融と特殊金融の世界のシステムの違いについて

企業育成資金

★2022年8月末で基準が変更になります。

現在―2022年8月末

  • 東証プライム 資本金100億円以上
  • 銀行
  • 信用金庫の預金高3000億円以上

***************

★2022年9月1日以降

  • 東証プライム 資本金300億円以上
  • 銀行
  • 信用金庫の預金高3000億円以上

**************

という基準に変更します。

対象企業の代表権者個人を対象にしています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

□一般金融と特殊金融の世界のシステムの違いについて

 

企業育成資金とPPPという世界を追求していくと、これは、かつての連合国が管理している平和維持活動資金の金融システムという事になります。

 

連合国の軍部による金融システムが世界経済を裏でバックアップしているということになります。たしかに、欧州の財閥などが世界経済を掌握しているという話はありますが、準備銀行と連合国軍部とは、密接な関係があり、そこで行われている金融システムによる取引だと考えるのが正しいといえます。

 

通常の銀行マンが、このようなPPPに関するトレードに関係するのか?といえば、普通の銀行マンは絶対に接することがない仕組みです。すなわち、この世界に精通してくればわかることは、連合国の軍部と準備銀行の関係によって、平和維持活動の資金を生み出していることになります。つまり、連合国の平和維持活動の資金は、準備銀行との関係で生み出す仕組みがあります。

 

結論、連合国の軍部は、PPPの仕組みを用いてトレードを行なうことで、平和維持活動の資金を調達していることになります。平和維持活動というのは、政府が行なうことでなく、民間と軍部が行なう国際貢献という事になります。

 

これが理解できれば、企業育成資金やPPPがなぜ、民間に資金提供されているか理解できます。かつて、日米相互防衛援助協定では、 民間財源20%:軍部の安全保障費80% の割合で資金を分配するという条項がありました。

 

すなわち、民間の経済活動の資金と安全保障費を分ける概念は、今も変わらず、PPPのなかで行われています。それは、民間財源と軍部の平和維持活動の資金 という事になります。

 

このことが理解できてくれば、企業育成資金という名目で、民間に対して、経済安定・治安維持のための財源を、提供している理由が理解出来ると思います。

 

つまり、連邦銀行と連合国の軍部の関係で行っている金融システムがPPPであり、PPPを通じて、資金調達できる民間人は、経済安定・治安維持のために資金を使う役目があります。

 

日本の場合は、その窓口である資金本部は、天皇家に任命された組織によって運営されているということになります。

 

ざっくり説明すれば、このような仕組みになります。

 

つまり、第三の財源や、国家予算外資金、基幹産業育成資金など、色々な呼び名で呼ばれていますが、これは、連合国と連邦準備銀行の関係で行っている金融システムであり、通常の金融システムではないといえます。よって、この案件に参加するには、極秘で、私募プログラムによって、紹介者経由で案内する事になっています。

 

なぜ、国家予算外資金といわれる財源が、政府予算を超える資金をもっているおか?これは、バックには、連合国における平和維持活動の財源として準備銀行との間で作った金融システムとファンドがあるからです。

 

政府予算より、軍部の安全保障費用(平和維持活動財源)のほうがはるかに大きいといえます。これが、企業育成資金の財源の源になるわけです。

 

日本が国難ときに、企業育成資金を活用してくださいということを説明するのは、政府財源が足らないときは、平和維持活動の財源から資金を調達をして、、経済安定、治安維持を行なうのが一番大切なことです。

 

この仕組が理解できて、これを活用することができれば、日本の失われた30年の終局は可能になります。

 

MSA総合研究所より

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。