実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

国家財政問題を解決するのは、民間の国家予算外資金を動かす以外方法がありません。

□国家財政問題を解決するのは、民間の国家予算外資金を動かす以外方法がありません。

 

ニュースを見ていると、政府も経済安保推進室を作ったということです。この話と、当ブログで説明している話は違う話です。

 

MSA総合研究所は話している話、企業育成資金は、米軍による日本の平和維持活動による民間財源(経済安定・治安維持)の財源を動かす提案をしているのです。

 

この資金については、財源を得る方法は、本ブログでは、何度もしていますが、民間財源であるので、東証プライム、銀行、信金の代表権者個人に対して資金を提供で切るという決まりがあります。

なぜそうなっているか理由は過去のブログで何度も説明しているので、ここでは説明しません。

 

つまり、日本の経済安保を民間財源から動かす場合は、日本を代表する経済人の名義が必要になります。名義があれば、日本は大きな資金を民間用平和維持活動資金から調達することができます。(大きなクレジット・ラインの利用)

 

経済安保について言えば、政府でも日本の国を守るために協議されています。

 

政府財源を遥かに超える財源を持っているのは、米軍における平和維持活動資金のファンドという事になります。ここにアクセスして資金を動かすには、これも、政府ではなく、天皇家に指名された非公開組織である「資金本部」を経由して資金を動かす事になります。

 

つまり、この国家予算外資金と言うのは、政府組織とは直接関係ない形で、独立して存在していることになります。

 

米軍が持っている平和維持活動における民間財源というと、なかなか馴染みのない財源だと思われますが、これは、第二次世界大戦後からずっと、欧州、米国の準備銀行で行われていた運用制度(PPP)の仕組みによって資金が作られてきたことになります。つまり、この資金総額は、天文学的数字になっていることがいえます。ただ、理由がなければこの資金を動かすことができません。

 

つまり、企業育成資金の仕組み問のは、米国における安全保障、平和維持活動における資金という事になり、これは、米軍が政府財源とは別に、PPPの仕組みを使って運用していることになります。これが理解できればこの資金の本当の姿が理解できてきます。つまり、この資金を動かす場合には、Due Diligence 72時間以内にトレーダーデスク(資金本部)で行い、問題なければ申請が受理されて、契約を結び大きな資金が提供されます。

 

つまり、国家の危機的原因と言うのは、今は、税収60兆円の国家で、国家予算100兆円を超える支出をしている国ですから、正直、赤字の財源中では、政府は、経済安保を考えても、資金的なパワーを出すことができません。

 

今、国民に求められるのは、国家予算外資金と言われる米軍が日本の安全保障を目的に平和維持活動の財源〔経済安定・治安維持〕を日本を代表する経営者を経由して、資金を動かす以外、日本の経済的危機を救済する手段はないといえます。

 

つまり、日本政府の経営難が今の国難であり、民間が協力して、国家予算外資金(米軍の日本の平和維持活動財源)を動かさない限り、日本は助からないと言えます。

 

問題解決の方法は至って簡単です。

 

国家予算外資金〔米軍の日本の平和維持活動財源〕を動かす方法に付いて理解する。

 

申請できるのは、東証プライム、銀行、信金の代表権者の名義を使って資金を市場に動かします。当然、名義人になる方は、この資金を自由に使っても問題はありません。この制度は、天皇家に任命された非公開組織「資金本部」を経由して、資金を動かす事になります。

 

この仕組を理解できて、多くの参加企業代表者が気持ちよく参加してくれれば、日本の経済安保問題は解決します。政府財源が借金による赤字操業です

 

今は、日本政府の危機的状況にあるということを知らなければなりません。つまり、日本政府が国債を発行して借金を重ねていますが、もし、機関投資家が日本の国債の買い入れを行わなくなったときには、日本政府葉、財源不足になり、資金ショートする可能があります。

 

それを救済するのは、最後の方法ですが、国家予算外資金〔米国の日本向け平和維持活動資金〕の財源を民間の代表者に巨額に提供して、それで、国債の買い入れなどを行ってもらうなどの作戦をしなければ、これからも毎年、多額の国債を発行して財源を支えている日本政府は、国債が売りきれないという問題から回避できない日がいつか来るかもしれません。

 

政府が破綻したら、日本人は、悲惨です。

それを救済する手段は、国家予算外資金(米軍の日本向け平和維持財源)から日本の経済人(民間)がこの資金を受けることで、日本政府の国債など購入して救済刷る必要や、また、日銀が持っている大量の株の転売先に協力刷るなど、普通に行えば、金融的処理が不可能な問題を、解決する以外方法が有りません。

 

このことを日本の経済人は、理解しなければなりません。

 

実は、ただ事ではない、ことが、日本では待ったなしの状況で起こっています。特に政府財政のピンチは相当厳しい状況だといえます。

 

MSA総合研究所より