実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

信用創造におけるクレジット・ラインについて理解をすれば、資金不足は絶対に解消される。そのことを知ることが重要である。

信用創造におけるクレジット・ラインについて理解をすれば、資金不足は絶対に解消される。そのことを知ることが重要である。

 

企業育成資金の存在は政府が認めたことが無いということを、定期的に記事にしている人がいますが、毎回、同じネタばかり書いていて飽きないのか?と想います。

 

私募プログラムで行われていることですから、主催者は、直接声を出せば、インサイダー取引になりますので、いえないので黙っているのですが・・・

 

だれかその手の記事を書くと、お金をくれるのでしょうか?

その心理が知りたいです。

 

日本におけるPPPという仕組みが浸透しないことで、経済の停滞が続いているということが本ブログの読者は、理解していると思います。

 

これは、政府が主催して行っているものではありません。政府は、PPPに関する案件に直接関与することは、米国証券法では、インサイダー取引となりますので、政府の直接関与はありません。

 

つまり、企業育成資金というのは、すべて個人間のクレジット・ラインの寄与によって行われている案件という事がいえます。クレジット・ラインは、ICC:国際商業会議所フランスの規定で、第三者にリースできるために、第三者が担保を出すことで資金調達ができ、PPPによる運用プログラムによる償還の仕組みによって、資金を償還刷るということになります。これは、PPPと言うのは、国債、銀行の債権(割引債)のトレードをする際のクレジット・ラインの寄与によって得る収益によって、償還の仕組みを行っているだけの話です。

 

 

私募プログラムによって行われていますので、これは、個人間取引ということになりますので、個人間での取引によって実現していることになります。つまり、個人間でのクレジット・ラインの寄与によってすべて金融的手続きを行います。よって、監督官庁は、法的な部分は、チェックしますが、資金に関することは、すべて個人間取引ということになります。ですから、何かどこかの組織や政府組織が直接関与していると思っているので、探しても見つからないと思っていますが、日本における私募プログラムは、すべて個人における個人間取引のみで行われています。

 

私募プログラムの取引に関して言えば、これは米国証券法、米国愛国者法、米国国土安全保障法の法的監視によって行われている案件ですので、個人間の取引であっても法的監視は、当然あります。これが理解できなければ、この企業育成資金の謎が理解出来ません。

 

個人間取引にする理由はあります。それは、大企業の経営者に対して企業育成資金は、提供されますが、PPPプログラムに関する割引債のトレードを行う場合、法人の場合は、上場株式企業による株式の20%以上独占されている法人は、PPPプログラムによる資金調達を行えないというインサーダー対する規定があります。よって、日本では、個人間取引をすることで、一切問題ないようにしています。個人である理由は、インサイダー取引にならないための規定に従って行っているということになります。

 

日本は、なぜ世界的にみても不思議な制度、企業育成資金、つまり、かつての基幹産業育成資金の仕組みが提供できるのは、これは個人に大きなクレジット・ラインをもった名義人が存在するからです。そのクレジット・ラインの裏付けは、そこは、ゴールドの管理人がいることになります。

 

銀行も、何らかの担保力がなければ資金を貸し出すことがありません。つまり、巨額なクレジット・ラインを生み出すことができる名義人、ゴールドを担保にした名義人が支援することで、企業育成資金の資金調達を支援しているといえます。当然、その資金は、投資銀行から個人保証(クレジット・ラインのリース)によって、資金調達され、その資金を東証プライム、銀行の代表権の方に資金提供される。(一括前払)ができるということになります。

 

また、資金を受け取った代表者は、自らのクレジット・ラインを使い、PPPによる国債や銀行の割引債をトレードを使って収益を生み出し、問題なく償還でき、資金は自由に使うことができるということになります。

 

以前のブログでも紹介しましたが、1%のクレジット・ラインがあれば、100%のクレジット(資金)を作ることが出来ます。(1年間)

最大5年間継続できますので、実際には、495倍までクレジットを増やすことができるのが、クレジット・ラインの世界の話です。

 

これは、ICC(国際商業会議所 :フランス)のルールになります。

 

このつまり、日本には巨額なクレジット・ラインをもった資金者(名義人)が複数存在しており、そこで生み出された巨額資金は、世界経済を支える資金担っているといえます。個人クレジット・ラインは、使える限界がありますので、結論から言いまして、クレジット・ラインは、個人間でリースすることで、新たな人がクレジット・ラインをもってクレジット(資金)を最大495倍まで増やすことができることになります。つまり、これは、信用創造による資金の作り方であり、この仕組を効率的に使えば、資金は、天文学的数字を生み出すことができるといえます。

 

つまり、このような仕組みで生み出された資金は、日本が世界に対して流通させて世界に貢献する必要があります。

 

8月14日 大阪本町セミナー 

8月17日 東京 浜松町大門セミナー

8月27日 東京 浜松町大門セミナー

 

を開催します。

是非ご参加ください。

これは、ビジネスセミナーになります。

 

MSA総合研究所より