実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本には担保を貸し出す名義人が存在する、そのことによって企業育成資金の金融システムが成り立つことになる。

□日本には担保を貸し出す名義人が存在する、そのことによって企業育成資金の金融システムが成り立つことになる。

 

企業育成資金は、別名、償還制度という言い方をします。

 

償還制度とは、 銀行で資金を借りて、運用によって資金を返済することで、資金を自由に使える仕組みのことを指します。

 

つまり、銀行で資金を借りるには、何らかの担保の提示が必要になります。

その担保を貸し出す役目をするゴールドの名義人がいることになります。

 

担保設定をするには、当然、だれかが資金を貸し出して返済することを保証しなければなりません。資金者は、資金調達をおこないますが、、当然資金者の資金調達に対して、担保設定をしなければ、銀行も資金を貸し出すことは行ないません。つまり、日本には、ゴールド個人管理委員会が存在することになります。つまり、企業育成資金の裏側で資金を調達するときに、担保を貸し出す人がいるということになります。これは、ゴールドの場合もありますし、現金のファンドの場合もあります。

 

誰かの担保力がなければ、銀行も資金を貸し出すこともありませんので、企業育成資金を成立させるには、ゴールドもしくは、現金でのファンドが存在しており、その担保力によって資金を調達するといえます。

 

資金を調達すれば、その資金から半分は、企業代表者に資金を提供し、半分は、うPPPにおける運用における資金の調達を行ないます。

PPPとは、政府国債や、銀行の割引債を売買することで得る収益ということになります。

これで、銀行調達した資金を返済することができます。この仕組は、安全投資ということになります。

 

ゴールドや現金資産を管理する資金者も、銀行から資金調達するに当たり、万一返済できないことはリスクです。よって、確実に返済でき、同時に収益が保証されるものでなければ、担保を提供して保証人になる意味がありません。すなわち、確かに、この仕組は、企業代表者に資金を提供するという仕組みでありますが、確実に、資金を融資した銀行、担保を提供したゴールドや現金資産をもつ名義人も資産防衛をして、回収し、利益が生まれなければ意味ありません。

 

よって、その観点から考えても、国債や銀行の割引債のトレードは、確実に利益確定できる投資でありますのでそこに資金を融通できるのです。

 

クレジットラインと言うのは、リースすることができ、リースすることで、第三者が資金調達することができます。この仕組を使って資金を提供しながら、運用して資金を返済する仕組みを提供しているといえます。

 

 

この名義人になれる条件を主催者側で決めています。

それが東証プライム資本金100億円以上、2022年9月以降は、東証プライム資本金300億円以上の企業代表権者個人

 

銀行、信用金庫の代表権者個人を対象に企業育成資金の仕組みから資金提供されます。

 

昔からゴールドファンドの個人管理委員会について噂されていますが、日本は金本位制度の時代から現在に至るまで、日本の銀行、政府の債権を支える担保人が存在することがいるといえます。これが日本のオーナーと言われる人たちでしょう。

 

今は、金本位制度では有りませんので現金ファンドでも担保にすることができますが、ゴールドファンドも存在しています。ゴールドの価値も昔に比べて高騰していていますので時価総額も相当な金額になっています。つまり、その担保力、クレジットラインを利用すれば、大量の資金調達が可能になります。

 

筆者は思うのですが、日本のゴールドファンドのクレジットラインをしっかり利用してPPPをつかって資金調達すれば、日本は大量に通貨を生み出すことができます。しかし、だれでも、この仕組で資金調達刷ることができるのか?といえば、それは、基準を定めていますので、それ以上の規準をもった企業代表者の協力、すなわち、名義貸しができれば、資金をいくらでも生み出せます。なぜならば、日本にはゴールドなどの金融資産を裏付けに担保提供をする名義人が常に、必要に応じて日本のオーナーとして、日本を支えているからです。

 

これ、どっかの会社ではないです。このようなファンドはすべて個人ファンドです。企業育成資金も企業代表者の個人と取引をします。担保を貸し出す名義人(オーナー)も個人です。つまり、個人間取引をダイレクトにおこなうために、私募プログラムということになります。