実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本国内に存在するPPP【私募プログラムについて】

□日本国内に存在するPPP【私募プログラムについて】

 

企業育成資金というのは、償還制度と割引債トレードが原資となり資金を提供しているという話を以前説明しています。

 

償還制度とは、一括支払いをするために、銀行もしくは、Fundsにある資金から資金提供する制度で、資金の償還に対しては、割引債をトレードすることで得た収益で償還するという財源にするということをして、精算させています。

 

PPPトレーダーは、基本的に自らの関係のFundsをもって、案件をおこなっています。本来ならば、割引債トレードに必要なクレジット・ラインを申請者が用意をして、銀行に担保できることが条件ですが、なかなか割引債の債券トレードのクレジット・ラインの規準というのが、300億円とか、米国債では5億ドルとか言われています。つまり、現金担保で個人的にこれだけの資金を個人口座で用意することができる人物がいないので、トレーダーがFundsをもって、実際は、それだけの自由になる現金をもっていないとしても、トレーダーが関係するFundsがクレジットをリースすることで、申請者が既定値のクレジット・ラインを銀行に設定できるといえます。(第三者担保による設定)

 

結局、PPPにおけるクレジットというのは、リースが可能であるので、借り入れでクレジット・ラインの設定を、債券トレードに必要なクレジットを準備することで、トレードが可能になります。

 

現在における企業育成資金は、戦後の復興期からの名残りはありますが、基本的には、復興財源というよりも、世界的に行われているPPPと同じ仕組みであることがいえます。ただ、資金者という制度を作り、資金者が銀行やFundsから資金調達して、一括支払いをしてから、その後、債券のPPPトレードを行って償還するという制度は、日本オリジナルな方法だといえます。ロンドンや米国で行われているPPPに関しては、基本的にはJV【ジョイントベンチャー契約】によりトレーダーと投資者が共同事業モデルを組み、クレジット・ラインの設定で基準値に足らない場合は、クレジット・ラインをトレーダーFundsが準備をして、、収益に関しては、毎週か、毎月の支払いをペイマスターを経由して行なうというのが、一般的な取引方法になります。

 

これが、実際の世界の話ですが、日本の場合は、本当のPPPの世界を知らずに、想像で話が人がっているために、時代錯誤な会話になっています。特に基幹産業育成資金について語る高齢者ブローカーの多くは、金塊の話に重点を置くので、話がわからなくなるのです。

 

「○○には、大量の金塊がございまして、まことしやかに、海外で運用されて居る資金を、提供します。」

 

と説明します。正直、金塊が現金にどのようにしたら変身できるのか、說明が無いので、全く意味不明はなしになります。

 

これは、トレーダーが準備しているクレジット・ラインを設定する際のファンド事を指します。昔は、ゴールドは、銀行SKRを提示すれば、現金と同じ価値を有していましたので、ゴールドSKRを担保として設定すれば、クレジット・ラインとしてリースすることができ、リース料を稼ぐことができました。銀行やPPP運用では、クレジット・ラインが設定できてはじめて証券取引市場で債券などを取引して収益を稼ぐことができます。

 

ゴールドをつかったクレジット・ラインの取引は、昔は、英国のポンド債が盛んに取引されていたことで、ポンド債の長期運用がされていましたので、この収益が、外債運用における収益として政府財源の一部として活用されていた時代も随分昔は有りましたので政府との関係もよく言われたのです。

 

ただ、現在におけるゴールドは、かつてのようにSKRをもって運用できるプラットフォームは少なくなり、ゴールドを持ってクレジット・ラインを設定して運用することはなくなり、今は、ゴールドの担保価値は、天然資源としての鉱物の価値として、投資銀行が資金を貸出す程度で、かつてのようにゴールドのSKRによって資金を生み出す時代は、終わっています。よって、今は、主に現金ファンドを用いた運用に変わっています。

 

このような国際金融市場の変化について理解をしていない人が、昔ばなしを聴いたことを何十年も同じことを話しているので、完全に日本における国際金融におけるブローカーレベルの話は、ガラパゴス化しているといえます。

 

つまり、都市伝説として話をするのはいいのですが、せめて、レベルアップを図らなければ、時代についていけません。

 

さて、当ブログの主催者である日本私募プログラム研究会では、日本国内、海外における私募プログラムについての情報を研究し、教育することで、日本国内でもいくつかのプラットフォームが私募プログラムを行っています。

 

その情報も伝えながら日本経済の発展に寄与したいと思います。

 

日本における私募プログラムは、当研究会が確認できているものは、

 

1 企業育成資金(割引債)、

2 割引株の爆速プログラム(1WEEK)トレード

3 長期割引ゴールドの実物トレード、

 

の3種類です。

 

クレジット・ラインをリースしてくれる

 

◎企業育成資金(申請者は条件は、厳しいですが、1円の資金証明も準備する必要がありません。(トレーダー側ファンドが資金を準備するので申請者は、出資の必要なし)

 

◎割引株は、15億円、30億円のクレジット・ラインを申請者が用意できることが条件です。 資金者資金準備

 

◎割引ゴールドは、現物トレードですから、約30億円、取引量400Kg以上 ということになります。資金者資金準備

 

 

※企業育成資金は、割引債トレードを行なうので、本来ならばクレジット・ラインが300億円の設定となれば、なかなか個人的に出資できる人がいないということもあり、トレーダー側がクレジットをリースすることで、トレードを実現しています。ですから、東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の代表権者個人 は、申請費用が無料で返済不要の資金が提供されるという仕組みになります。しかも、トレーダーファンド側が資金調達をして、一括支払いをするので、申請者は、突然数兆円という資金を手に言える事ができるので、不思議がりますが、カラクリは、いくら大企業の経営者であったとしても、個人的にクレジットを300億円以上の資金を用意して、債券トレードのクレジット・ラインを提供してほしいと言っても無理な話ですから、はじめから無理なことはお願いしても仕方ないので、トレーダーが自らのファドを利用して、クレジットをリースすることで、申請者のクレジット・ラインを300億円以上にしていると考えれば、この制度が理解出来ると思います。

 

これは、たとえば債券トレードに必要な、300億円とか500億円の資金を申請者個人が準備してクレジット・ラインを設定できる日本人はほぼ皆無であるので、企業育成資金では、高いハードルをクリアーするために、トレーダー側のファンドがクレジットをバックアップしています。

 

つまり、これは、すべてリース可能なクレジットというICC【国際商業会議所:フランス】の規約によって行われている制度ということになります。

 

つまり、私募プログラムというのは、法的管理された特権取引(証券取引の割引大口取引)でありますが、規準が高すぎる場合には、特に債券に関しては、トレーダー側がファンドを準備しているといえるので、御本人は資本家としてのある程度の規準を超えていれば、対象になるようにトレーダー側が資金を準備するといえます。

 

日本私募プログラム研究会より

2022年9月以降の企業育成資金情報