【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

私募プログラムの法的ルールをしらなければ、大事故になる可能性がある。注意が必要である。

□私募プログラムの法的ルールをしらなければ、大事故になる可能性がある。注意が必要である。

 

私募プログラムは、絶対に秘密保持を守るべき案件といえます。これは、米国などの私募プログラムについての情報を見ると、教育目的での概要を教えることは問題がないが、実際の契約内容などを開示することは、禁止となっており、インサイダー取引として摘発の対象となります。

 

よく私募プログラムの証拠、エビデンスを見せてほしいという人が多くいますが、エビデンスを提示した瞬間、当局から調査対象になり、摘発対象になるということを知らなければならないと伝えておきます。

 

つまり、私募プログラムについての仕組みや、法律について、あまりに知らない人が多くいることから、この案件にかかわることで、思わぬことで違法行為をしており、当局の摘発対象になる場合があるので注意が必用である。

 

つまり、エビデンスがみなければ参加できないという人物は、もともと私募プログラムに参加する事ができない人物ですから、これは、完全に無視するべきです。

 

筆者は、何を言いたいのか?といえば、エビデンスと簡単に言うかもしれませんが、それを提示することで逮捕されることもあり得るという事が、私募プログラムの案件に参加する人は、知らなければなりません。

 

日本私募プログラム研究会では、つねに勉強会を開催して、間違いの内容に法的ルールについて学習して、正しく私募プログラムと向き合える様に支援しています。これは、もともと米国から始まった制度ですから、日本では馴染みのない制度ですが、法的ルールを知らなければ、思いもしないことで、摘発されるということもありますので、必ず、私募プログラムから資金調達をする場合には、事前に日本私募プログラム研究会の勉強会に参加してください。

 

無料レクチャーを行っていますので、しっかり学習した上で、違法行為にならないように勉強して正しい知識をもって私募プログラムに参加してください。

 

これは、交通法規を知らずに、無免許で車を運転するのと同じことで、知らないとすぐに事故になります。つまり、私募プログラムについての学習が重要です。

 

そのことを筆者が伝えたいことになります。

 

日本私募プログラム研究会より

 

 

Flag Counter