実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

令和の所得倍増計画を実現するには、まずは日本の経済の仕組み、平和維持活動と経済安定政策の基本を学ぶことです。

令和の所得倍増計画を実現するには、まずは日本の経済の仕組み、平和維持活動と経済安定政策の基本を学ぶことです。

企業育成資金の根本的な話をしていくと、最終的には、「守られる側の立場」=特権ということになります。

特権というのは、これは、日米安保における米軍が行う安全保障、平和維持活動における部分でそれを行う指揮官には、特権があると言えます。日本の司法が及ばない立場ということになります。逆に日本の司法が及ばない立場であり、同時に、米国海兵隊は、米国の士官の立場を守るということが任務であり、日本にも駐留しています。また、天皇家によって任命された資金者が行っている企業育成資金の仕組みは、「平和維持活動における経済安定政策」であると言えます。

これらの条件を理解すれば、なぜ、この案件が特権であり、天皇家との関係で米国が安全保障における平和維持活動、経済安定政策がおこなっているかの構図が見えてくるかと思います。

これが、日本の経済安定政策の基本的な骨組みであり、この制度が、1951年から現在まで継続して行われていると言えます。ただ、昭和の時代は、370社を超える成約件数が有りましたが、平成は、0件になり、令和になってからは変わってきていますが、まだまだ少ないといえます。

やはり、基礎からこの制度について勉強する機会を提供することが当方の使命だと思いブログでの情報提供、そして、セミナーを開催しています。つまり、日本経済政策でいうところの「令和の所得倍増計画」は、投資によって行うということを現政権が行っていますが、確実性のない投資では、所得倍増計画にはなりません。所得を増やすということは、基本的な給料を増やす、もしくは、国民になんからのビジネスの機会を与えて、収益を渡す仕組みをつくることで、なにかの達成感と収益が増えるという世界を構築しなければ、行けないと言えます。これは、国家の建設にとって重要なことです。国家の建設とは、国民も国家を支える一員としてすべての人になにかの機会を与え、それに対して豊かに暮らせる社会をつくりあげることが、国家の社会的安定ということになります。
社会主義国家ではないので、絶対の平等は必要にないにしても、それぞれの人が、資金を持つことができて、何かを生み出すことができる社会を形成できることが、国家、国民の幸福度になるということです。つまり、やることがあるということです。それが収入につながるという社会構造をつくることです。

それには、資金を分配する仕組みを構築しなければいけません。その分配システムを担うのが、天皇家に任命された資金者であり、その制度を支えているのが、在日米軍の平和維持活動及び米国金融システムにおける特権ということになります。

資金の分配制度をしっかり活用することで、市場に資金が流通するようになり、資本主義経済は発展するということになります。この制度を活用することは同時に国家の財源にもなりますので、政府側もこの仕組みから出てくる収益によって潤うことになり、国民への社会的サービスの向上につながると言えます。

これが、すべての基本ということになります。

日本における令和の所得倍増計画は、日本の基本的な社会システムについて日本人が学習して、日本は天皇家に任命された資金者が米国の特権制度を活用して日本に資金を分配することで、成立すると言えます。
この仕組について理解しましょう。それを行う協力者である企業代表者は、平和維持活動の経済安定政策の協力者として特権扱いされることになるという意味が理解できれば、この仕組がすべてイメージできると思います。この制度は、99年間の契約期間があり、まだ30年ほど残存期間があります。しかし、日米安保については日本国が無期限で米国に依頼をしています。

よって、現存する案件であり、まだまだこの制度によって、経済安定政策が行われています。経済政策について相談するのは、資金者と相談するのが正解ということになります。根本的な解決は、単純に借金にならない資金を提供できるのは資金者と相談しない限り、出てこないということになります。理解できましたか?

次回セミナーは、9月23日(金曜日祝日) 東京セミナー   

参加者募集中です。参加費用は、無料です!!