実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金について完結に説明して理解するには、知るべきポイントについて解説。

企業育成資金について完結に説明して理解するには、知るべきポイントについて解説。

できるだけ簡素に説明するには、どうするべきか?という課題がありますが、企業育成資金というのは、

日米同盟における米国がもつ日本の平和維持活動費用としての財源が多額にあります。

というのが、わかりやすいと思います。

なぜ、米国が日本向けの平和維持活動費用が存在しているか?それは、日米安保が関係しています。「日本国は米国に安全保障問題を無期限で依頼しています」 そのために、米国は日本の平和維持活動費を持っています。

これは、日本の国家予算とは関係ない資金です。(国家予算外資金)ということになります。

この資金を動かすには、天皇家が任命する資金者により提供されています。

資金者が中心となり、資金本部を組織しています。これは、独立した組織です。(非公開組織) 日本の中央省庁とは関係ありません。

日本の平和維持活動資金については、資金者が手続きすることで、」米国から許可をとり資金を動かしますが、その際に、平和維持活動の協力者として、この資金を受け取った経済人は、返還不要であり、免税、免責、免訴であり、同時に、守られる立場として護衛され、税制面では本資金に関しては、3代先まで相続税非課税という扱いになります。これは、詳細については資金者との面談、本契約時に詳細の説明は受けます。

ということになります。資金は、本契約後72時間以内に入金されます。

というのが、ストレートの説明方法かと思います。やはり、数兆円規模の資金提供される案件ですから、そんな予算どこにあるのか?ということを疑問に感じる人も多いのは、否めません。

日本にとっての日米安保の最大のメリットは、米国が日本対して安全保障(平和維持活動)をする上での財源が、巨額にあるということになります。これが、昔は基幹産業育成資金と言われていましたが、今は、企業育成資金という名称でいわています。

国家のインフラ開発、基幹産業への開発に関して、昭和の時代は、370件以上の事案に対して資金を動かしたということが日本経済の発展に寄与したと言えます。

国連による登録決議でありますので、99年間の国際契約の中で行われており、現在も継続して行われている仕組みであります。後30年は、残存期間はございます。

という説明になります。

日本の国家予算外資金については、米国が日本の安全保障(平和時活動を行うための財源)ということになります。国家予算外資金とうのは、米国(米軍)の日本の平和維持活動資金です。

次に知らなければいけないことは、米軍における軍事的作戦というのは、武力行使をするだけが目的でなく、その後の武力行使をして占領した後に、民主化させ、平和維持活動を支援することも軍隊の仕事であると知る必要があります。軍というのは、平和維持活動、すなわち、経済安定政策を行うことも目的を持っています。

これに対しては、米軍は、独自の基金を持っています。その基金から資金提供されることになります。

それらのことを踏まえて、日本向けの平和維持活動資金が民間に配当されるのですから、その資金を活用しない手は有りません。

そういうことです。

日本経済は悪化しています。日本人は、知らなければ行けないことは、日本政府には通貨発行権に対する、明確な制度はありません。国債を大量に発行できますが、これは、通貨発行権では有りません。これは、借金として資金調達をしているだけです。

借金を伴わない資金を提供できるのは、米国が日本向けにある「平和維持活動財源」であると言えます。

その財源(日本の平和維持活動財源)を動かすには、天皇家に任命されてた資金者に依頼をして資金を動かします。

その資金を申請できる民間人の条件が、「東証プライムの資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権個人の方」ということになり、これは資金調達するのは、あくまでも個人的な調達となり、選定するあたり、個人の方の職位としての基準として大企業経営者であることが条件です。

国家に貢献する事業を行ってほしいという願いはありますが、資金の使用用途についてまったく自由になります。

このような制度ということを理解すれば、非常にわかりやすいと思います。

この制度について、ストレートに説明をしたほうが、実は簡単であると言えます。

資金は、米国による日本の平和維持活動資金である。(日米安保
※これは、米国政府において政府予算外の基金があります。

この資金を日本側での管理責任者は、

天皇家に任命された資金者という職位の方が行っています。

内閣総理大臣最高裁償還も天皇からの任命される儀式があります。同様に資金者も天皇家より任命されます。(非公開)

この仕組みが理解できれば、企業育成資金⇒米国における日本の平和時維持活動費(経済安庭政策)としての財源について理解できます。


この資金を申請するには、天皇家によって任命された資金者に依頼をして資金を動かすことになります。

イメージできてきましたか?

資金者というのは、天皇家によって任命されますが、これは日本の中央省庁とは関係なく、独立した立場ということになります。よって、日本政府とは関係ない組織となりますが、協力体制はあると言えます。すなわち、資金者が日本政府を助ける構図で、平和維持活動資金の分配を行っていると言えます。これが、国家予算外資金から分配された資金、このことが財政法第44条、45条資金などと言われていますが、今は直接国に入れることなどなく、財団管理されることが一般的です。このような資金が国際貢献するための財源となっていると言えます。

以前のブログでも説明しましたが、日本政府の一般会計は、GDP比率2.5倍の赤字国債を発行しており、火の車ですが、一方では、日本は世界最大の債権国であるという不思議である理由は、この資金は、財源は別であることが理解できます。債権国というは、日本が外国に対して世界で一番、資金を貸し出しているのです。

普通に考えたら不思議に感じると思います。世界で最も赤字幅が大きい一般会計予算の国家が、一方では世界でもっとも資金を外国に貸出している債権国として世界に知られています。

これが実現できている理由は、ただ一つ、米国による日本の平和維持活動資金があることです。日米安保の恩恵です。

この部分についてほとん知るもの、語るものもいません。これが現実です。よって、日米安保は、国家にとって重要な理由は理解できるでしょうか?

この資金については、政府には関係していますが、政府の一般会計に関する部門には、全く関係ない資金ですから、霞が関で働いている人の大多数は、一般会計での予算の仕事を行っています。そのために、厳しい財源のなかで戦っています。

一方では、国際貢献するための財源というのは、別枠財源として、国家予算外資金⇒米国が日本の平和維持活動するための財源、から資金調達しているために、その部門は、世界一、世界中に資金の貸出をしているということになります。

つまり、母屋でおかゆを食べ、離では、すき焼きを食っている という表現をした元財務大臣がいましたが、その通りの予算編成になっています。

これを見たら、おかゆを食っている一般会計側の担当者からみれば、すき焼きを食っている人に対して、良い感情を抱かないとも言えるでしょう。

ある人の世界は葛藤があります。よって、普通に企業や銀行を管理している省庁職員は、一般会計側の人ということになりますので、厳しい予算のなかで、戦っているために、すき焼きを食っている人のことを知らない可能性もあります。もしかすると、好きでないのかも知れません。すき焼きを食っている人は、バレないように隠してすき焼きを食っているので、結論、存在していても、表に語ることはないのでしょう。

そのように理解すれば、日本の骨格が理解できます。

このブログの目的は、企業育成資金の解説と資金を活用件数を増やすことですから、民間の方は知ればいいことは、国実情ではなく、資金者にお願いすれば、日本国の平和維持活動の予算から民間プロジェクト資金として資金調達がいつでも可能とうことだけ知っていればOKです。(申請条件はあります)

難しい金融についての説明もたくさんしてきましたが、簡単に説明すれば、そんな話です。送金方法や運用方法など、特殊金融PPPについて理解するには、過去のブログを参考にしてください。これは、完全にオタクな世界な金融の話になりますが、大きな目で見れば、その資金は何のために存在して、送金されているのか?

これは、簡単に言えば、「日米安保における米国が日本の平和維持活動を行うための財源から資金調達するため」という説明になります。その資金を動かすことができるのは、「天皇家に任命された資金者という職位の方のみ」と決まっています。

これが重要なことです。

 

次回、「企業育成資金とPPP」に関する無料セミナーは、9月23日、参加者募集中

(東京、浜松町大門)