実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!基幹産業育成資金:償還金★日本国内のPPP全般情報 ★世界共通通貨 METE・世界貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界 ★通貨発行システム・復興開発財源・簿外資金についての解説★MSA総合研究所公式ブログ

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

國體護持ができる人物を極秘裏に案内することができる魂。

國體護持ができる人物を極秘裏に案内することができる魂。

精神論的ブログが文脈的に面白いというリクエストがありましたので、そんな声を考えて、ちょっとブログの志向考えて見たいと思います。企業育成資金というテーマでブログを書いていますが、大体一通り説明を終えていますので、今は、日本の起こっている社会問題に対して、企業育成資金の活用方法ということで説明しています。

企業育成資金を簡単にいえば、米国が日本の平和維持活動に必要な財源を持っており、その資金を天皇家に任命された資金者の職位をもった方が、資金提供するという説明で、一番シンプルだと思います。

日本の治安維持(平和維持)⇒経済安定政策ということになります。

今経済的不安要素が大きい、日本の現状ですが、資金者は、日本の経済安定のために、条件を満たした企業経営者様(個人)に対して資金をいつでも提供しようと考えています。

今年の7月に行われた資金者会議では、基準については、「東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表者個人に対しては、積極的に資金を提供していこうという計画になっています。」

資金者会議というのは、天皇家に任命された資金者による会議ですが、日本の平和維持活動費用から資金提供しています。

平和維持活動=これは、軍事的作戦の一つになります。戦後復興させる⇒平和維持活動⇒経済安定政策⇒企業育成資金という名称で、企業代表者個人に対して、資金者が資金提供するということになります。

この仕組が見えてくれば、非常に理解できると思います。米国(米軍)には、平和維持活動資金には、政府予算と関係ない別枠の予算が存在しており、その予算が国家予算外資金として存在しています。

これを絶対に頭の中に入れてください。米軍が日本の平和維持活動資金を持っているという事実を隠すと、この案件は、説明することができなくなります。何度も言いますが、天皇家に任命される職位である「資金者」は、日本の平和維持活動における財源から日本の企業代表者に資金提供するというのが、企業育成資金です。これは、政府の予算とは、全く関係なく別枠で、基金があります。この資金提供方法が、PPPであると、以前説明しています。


つまり、これは、国家を守る資金ということになり、國體護持という意味をもった資金になります。國體護持をお願いする人物(経済人)に対しては、天皇家から任命された「資金者」が資金提供するということがイメージできれば、この資金は、國體を守る、日本の国家を守る資金であるいうことが理解できると思います。

この精神論が重要になります。

今、日本のリーダー的存在の汚職問題が話題になっており、大事件に発展しようとしています。つまり、本来国家を守るべき重鎮が、汚職があるという話になれば、治安維持、平和維持における危機的状況になっているということになります。そんなときに動くのが、國體護持をする組織であるとも言えます。

国家は、秩序なくなくなれば、国家としてまとまりがなくなります。つまり、國體護持をすることが重要になります。これは、国家を守る、治安維持、平和維持を行うということです。

平和維持活動には、当然資金が必要になります。条件を満たした経済人で、日本国の経済を安定政策に協力するということは、國體護持に繋がります。つまり、国家を守る、日本国として骨格を守るということをしなければ、国家はばらばらになり、無秩序状態になれば、治安維持が困難になります。

今は、日本の危機といえます。國體護持をする精神をもった国家を守る人物が全国から名乗りを上げ、この天皇家が任命して行っている日本の平和維持活動における財源を活用して、国家安泰を行う救世主となる人物の出現が求められています。

つまり、企業育成資金を活用する人物が、國體護持、国家の建設を担う重要な人物ということになります。そのような人物を全国から条件を満たした経済人の中から発掘して極秘裏に案内することができるのが、真の八咫烏として活動といえます。

つまり、道なき道を案内して、資金を受け渡すのが、八咫烏の案内ということになります。

実は、京都天皇の熊野詣というのは、もとも熊野大社にある金塊をもらいに行ったという説があります。山岳信仰をしている人たちは、紀伊山地の山を歩き、金をひらっていたということです。その金を、南朝、吉野や熊野に集められてそれを、熊野詣に行くことで、帰りにお土産で金を持ち帰ったという説があります。

つまり、京都から吉野の山奥、そしてその先にある熊野詣を行う道筋にある家系は、八咫烏の一族で守られ、天皇を無事に、案内することを目的に、活動しており、同時に地域情報を集める諜報活動を行っていたというのが、八咫烏の存在と言われています。

これは、資金の場所に、国家を建設する人物、國體護持をする人物を案内することで、成り立つ仕事といえます。今は、金塊でなく、現金を渡しますが、天皇家によって任命された「資金者」から現金を受け取る道のりを案内するのが、八咫烏であり、極秘裏に、國體護持をできる人物を発掘して案内することができるのが、まさに、八咫烏の精神を引き継いだ人物といえます。

これは、太陽神の化身であり、霊体として魂がその人物に宿ることで、その道が切り開かれると言えます。